League Data Site順位の決定基準: 1. 【4】総得点数 ・各カテゴリーで「基準試合数」以上の試合を開催した場合のみ適用する。 ※天皇杯優勝クラブとリーグ戦1、2、3位クラブが重複した場合は、4位クラブがAFCチャンピオンズリーグ2021の出場権を獲得(プレーオフより出場), リーグ戦が終了した時点で勝点合計の多いチームを上位とし、順位を決定する。ただし、勝点が同じ場合は、以下の順によって順位を決定する。, ※ただし、シーズン中は①の結果をもとに順位表に反映する。 Jリーグ(J1・J2・J3)の勝ち点の推移をグラフで表したページです。 Jリーグ勝ち点グラフ. ●年間順位の決定 得点数.1 天皇杯優勝クラブにもAFCチャンピオンズリーグ2020参加資格が与えられるが、同大会優勝クラブがJ1リーグ戦上位に入った場合は、リーグ戦次点のクラブに参加資格が与えられる。2翌年のJリーグYBCルヴァンカップ出場権圏外。, 最終更新は2019年12月7日の試合終了時出典: J. スポーツナビのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。, JavaScriptを有効にする方法については「JavaScriptの設定方法」をご覧ください。, 90分間(前後半各45分)の試合を行い、勝敗が決しない場合は引き分けとする。 【6】抽選, ・J2リーグからJ1リーグへの昇格はリーグ戦上位2クラブの自動昇格とし、J1参入プレーオフは開催しない。 League Data Site1左縦列のチームがホーム側。色: 青 = ホームチームが勝ち; 黄 = 引き分け; 赤 = アウェーチームが勝利。, 最終更新:2019年12月7日出典: J. J1自動昇格枠. 勝点; 2. Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. 公益社団法人 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ) J.LEAGUE Inc. PIA Corporation.ALL RIGHTS RESERVED. ※シーズン中については年間順位決定の条件のなかで勝点、得失点差を考慮した表記となり、リーグ戦が終了した時点でその他の条件を加味した年間順位が決定次第、年間順位を更新いたします。, ※1、2位のクラブはAFCチャンピオンズリーグ2021本大会(グループステージ)より、3位クラブはプレーオフより出場, ※天皇杯優勝クラブとリーグ戦1、2、3位クラブが重複した場合は、4位クラブがAFCチャンピオンズリーグ2021の出場権を獲得(プレーオフより出場), J2における年間順位の上位2クラブのうちJ1クラブライセンスの交付判定を受けられなかったJ2クラブがあった場合は、当該J2クラブはJ1に昇格できない。この場合において、J2における年間順位3位以下のJ2クラブがJ1に昇格することはない。, 2020年シーズン終了時点において、J2リーグ戦がリーグ戦成立要件※を満たさなかった場合、J2クラブのJ1への昇格は行わない。. ※ただし、ホーム&アウェイの2試合を実施済みの場合のみ

j1リーグとして27年目のシーズン。 明治安田生命保険相互会社をタイトルパートナー (冠スポンサー)として、「2019明治安田生命j1リーグ」(英: 2019 meiji yasuda j1 league) の名称で行う。2018年12月14日に明治安田生命保険との4年契約を更新し、タイトルマークデザインが変更された 。 ●勝点 【5】反則ポイント ・クラブライセンス交付判定を受けていないクラブがリーグ戦上位2クラブとなった場合、3位以下の繰り上がり昇格はしない。 ・「基準試合数」を満たさなかった場合は大会が成立しなかったものとみなし、当該カテゴリーにおける順位決定は行わず、昇格は行われない。したがって、2021シーズンのクラブ数は、J1リーグ:18~20、J2リーグ:20~24、J3リーグ:14~18となる。, 掲載している各クラブのエンブレム、ロゴ等の使用に関する権利は各クラブまたはその権利者に帰属しております。. ※天皇杯優勝クラブとリーグ戦1、2、3位クラブが重複した場合は、4位クラブがACLプレーオフに出場します。. ※1、2位のクラブはAFCチャンピオンズリーグ2021本大会(グループステージ)より、3位クラブはプレーオフより出場 得失点差; 3. League Data註記:† 前シーズンはJ2。, Jリーグ(J1 - J2 - J3) - JFL - 地域リーグ - なでしこリーグ&チャレンジリーグ - Fリーグ, 天皇杯 - ルヴァンカップ - ゼロックス杯 - 全国地域サッカーチャンピオンズリーグ - 全国社会人選手権, プレミアリーグ - プリンスリーグ - 高校総体 - 高校選手権 - クラブユース選手権 - Jユースカップ - 国体, インター・カレッジ(2018年度/2019年度) - 高校総体 - 高校選手権 - ユース(U-18) - ユース(U-15) - U-15なでしこアカデミーカップ, AFCアジアカップ - コパ・アメリカ2019 - FIFA U-20ワールドカップ - FIFA U-17ワールドカップ, FIFA女子ワールドカップ、AFC U-19女子選手権、AFC U-16女子選手権, FIFAクラブワールドカップ - AFCチャンピオンズリーグ - Jリーグカップ/コパ・スダメリカーナ王者決定戦, https://www.jleague.jp/release/post-62156/, “サッカー「Jリーグ」との「Jリーグタイトルパートナー契約」を更新 ~地域社会の活性化へのさらなる貢献に向け、Jリーグと「新しい価値」を共創~”, https://www.meijiyasuda.co.jp/profile/news/release/2018/pdf/20181214_01.pdf, https://www.jleague.jp/release/post-56861/, https://www.jleague.jp/release/post-57417/, FC東京、敵地8連戦の“死のロード” ラグビーW杯開催の影響で本拠地が約3カ月使えず, https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2019/01/24/JD0057721146, https://www.jleague.jp/release/post-57436/, https://www.consadole-sapporo.jp/news/20190147057/, http://www.vegalta.co.jp/news/press_release/2018/12/post-6681.html, http://www.so-net.ne.jp/antlers/news/release/69355, http://www.urawa-reds.co.jp/topteamtopics/__trashed-2/, https://www.frontale.co.jp/info/2018/1201_2.html, https://www.f-marinos.com/news/detail?id=5604, https://www.yamaga-fc.com/archives/151748, https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/41561/, http://www.jubilo-iwata.co.jp/newslist/detail/?nw_seq=6454&year=2019&month=01, http://nagoya-grampus.jp/news/pressrelease/2018/1205post-1078.php, http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/8966/, https://www.vissel-kobe.co.jp/news/article/15688.html, http://www.sanfrecce.co.jp/news/release/?n=12549&m=12&y=2018, https://www.sagan-tosu.net/news/p/3571/?utm_source=sns&utm_medium=twt&utm_campaign=20181222, https://www.jleague.jp/release/post-57756/, https://www.oita-trinita.co.jp/news/20181248102/, https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2018/10/11/JD0057400298, https://www.vissel-kobe.co.jp/news/article/16042.html, https://www.vissel-kobe.co.jp/news/article/16043.html, https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/42587/, https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/42598/, http://www.urawa-reds.co.jp/topteamtopics/オズワルド-オリヴェイラ監督との契約解除につい/, http://www.urawa-reds.co.jp/topteamtopics/大槻-毅-氏のトップチーム監督就任について/, https://www.vissel-kobe.co.jp/news/article/16254.html, https://www.vissel-kobe.co.jp/news/article/16255.html, http://www.jubilo-iwata.co.jp/newslist/detail/?nw_seq=6771&year=2019&month=06, http://www.jubilo-iwata.co.jp/newslist/detail/?nw_seq=6773&year=2019&month=07, https://www.jubilo-iwata.co.jp/newslist/detail/?nw_seq=6853, https://www.jubilo-iwata.co.jp/newslist/detail/?nw_seq=6860, https://nagoya-grampus.jp/news/pressrelease/2019/0923post-1290.php, https://nagoya-grampus.jp/news/pressrelease/2019/0923post-1291.php, メルコリゾーツ&エンターテインメントジャパンとのパートナーシップ契約締結のお知らせ | ニュース一覧, https://www.yamaga-fc.com/archives/183953, https://web.gekisaka.jp/news/detail/?271508-271508-fl, https://web.gekisaka.jp/news/detail/?270777-270777-fl, https://web.gekisaka.jp/news/detail/?272038-272038-fl, https://www.sanspo.com/soccer/news/20191124/jle19112405030007-n1.html, https://www.nikkansports.com/soccer/news/201911300000530.html, https://www.nishinippon.co.jp/item/n/508297/, https://www.nikkansports.com/soccer/news/201905130000128.html, https://hochi.news/articles/20191204-OHT1T50211.html, https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50430910R01C19A0000000/, 横浜FMが悲願の15年ぶりV!! 本サイト(Jリーグ.jp[日本プロサッカーリーグ])で使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。© 2018年11月17日、2018年のj2リーグ戦が終わった。3位~6位チームが1枠のj1・j2入れ替え戦の席を争うプレーオフ(以下po)は残っているものの、それ以外の結果はすべて出た。松本が優勝、大分が2位でj1自動昇格圏に入ってj1昇格。熊本と讃岐がj3自動降格圏に入った。 ただし、勝点が同じ場合は、以下の順によって順位を決定する。 All Rights Reserved. 概要. Copyright (C) 2020 J STATS All Rights Reserved. ※抽選は、降格チームの決定等、理事会が必要と判断した場合のみ実施される。, ※リーグ戦成立要件:それぞれのリーグにおける年間予定総試合数の75%以上が開催され、かつ当該リーグの全てのクラブについて年間予定総試合数の50%以上が開催された場合に成立するものとする。, 2020/11/15徳島が5連勝で首位キープ! 2位福岡も増山弾で勝利しピタリ追走【サマリー:明治安田J2 第34節】, 2020/11/15劇的PK弾でFC東京を下した名古屋が3位に浮上! 湘南は6戦無敗で3連勝を達成【サマリー:明治安田J1 第27節】, 2020/11/15讃岐に競り勝った長野が2位の座を死守! 3発快勝の沼津は2連勝で11位に浮上【サマリー:明治安田J3 第27節】, 明治安田生命J1リーグ 第28節2020年11月21日(土)16:00 Kick off, 徳島が5連勝で首位キープ! 2位福岡も増山弾で勝利しピタリ追走【サマリー:明治安田J2 第34節】, 劇的PK弾でFC東京を下した名古屋が3位に浮上! 湘南は6戦無敗で3連勝を達成【サマリー:明治安田J1 第27節】, 讃岐に競り勝った長野が2位の座を死守! 3発快勝の沼津は2連勝で11位に浮上【サマリー:明治安田J3 第27節】. Copyright (C) 2020 Sportsnavi Inc. All Rights Reserved. GK朴が一発退場の危機も、2位FC東京に圧勝フィニッシュ, 得点王は王者マリノスから仲川輝人&M・ジュニオール! 同一チームからW受賞は史上初, “2019明治安田生命J1リーグ 第3節 アンデルソン ロペス 選手(札幌)ハットトリック達成”, https://www.jleague.jp/release/post-57980/, “2019明治安田生命J1リーグ 第23節 ジェイ 選手(札幌)ハットトリック達成”, https://www.jleague.jp/release/post-59872/, “2019明治安田生命J1リーグ 第34節 ルーカス ポドルスキ 選手(神戸)ハットトリック達成”, https://www.jleague.jp/release/post-62161/, J1受賞者 横浜F・マリノス MF8喜田 拓也:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰, J1受賞者 ベガルタ仙台 DF23シマオ マテ:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰, J1受賞者 鹿島アントラーズ MF18セルジーニョ:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰, J1受賞者 サンフレッチェ広島 MF18柏 好文:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰, J1受賞者 清水エスパルス MF16西澤 健太:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰, J1受賞者 横浜F・マリノス FW23仲川 輝人:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰, J1受賞者 ガンバ大阪 FW33宇佐美 貴史:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰, J1受賞者 湘南ベルマーレ DF13山根 視来:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰, J1受賞者 ヴィッセル神戸 FW7ダビド ビジャ:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰, J1受賞者 ヴィッセル神戸 FW21田中 順也:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰, J1受賞者 セレッソ大阪 MF32田中 亜土夢:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰, J1受賞者 セレッソ大阪 FW8柿谷 曜一朗:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰, J1受賞者 清水エスパルス FW49ドウグラス:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰, J1受賞者 横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー:明治安田生命Jリーグ 月間最優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰, J1受賞者 ベガルタ仙台 渡邉 晋:明治安田生命Jリーグ 月間最優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰, J1受賞者 鹿島アントラーズ 大岩 剛:明治安田生命Jリーグ 月間最優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰, J1受賞者 サンフレッチェ広島 城福 浩:明治安田生命Jリーグ 月間最優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰, J1受賞者 清水エスパルス 篠田 善之:明治安田生命Jリーグ 月間最優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=2019年のJ1リーグ&oldid=80116047, チーム名・監督名・本拠地名については2019年シーズン開幕時点(2月22日)のもの. フットボールラボ(Football LAB)はサッカーをデータで分析し、新しいサッカーの観戦方法を伝えるサッカー情報サイトです。選手のプレーを評価するチャンスビルディングポイントやプレースタイル指標、チームの戦術を評価するチームスタイル指標といった独自のデータを開発しています。 Copyright (C) 2020 Data Stadium All Rights Reserved. ※「基準試合数」以上の開催:全試合数の75%、かつ、全クラブが50%(ホーム、アウェイ問わず)を開催。ただし、不測の事態が発生した場合は理事会にて決定する。 明治安田生命保険相互会社をタイトルパートナー (冠スポンサー)として、「2019明治安田生命J1リーグ」(英: 2019 MEIJI YASUDA J1 LEAGUE) の名称で行う。2018年12月14日に明治安田生命保険との4年契約を更新し、タイトルマークデザインが変更された[2]。, この年はチーム編成に関するレギュレーションに関して大きな変更が2点あった。一つは「12歳から21歳の間、3シーズンまたは36か月以上、自クラブで登録していた選手」2人以上のトップチーム登録を義務づける「ホームグロウン制度」の導入、もう一つは外国籍選手枠について、選手登録数の上限を廃止し、試合エントリー (ベンチ入り)上限と試合出場上限をともに5人に増加するというものである[3]。後者については、Jリーグ提携国[注釈 3]については外国籍選手枠の対象外とし、従来の外国人登録枠における「アジア枠」「提携国枠」が廃止されている。また、この年からJリーグ規約第42条の補足基準が撤廃され、「最強のチームで試合に臨まなければならない」というJリーグ規約第42条の規定(いわゆるベストメンバー規定)そのものは残るものの、これに伴う罰則制度が廃止されている[4]。, 2018年12月14日に大会方式および試合方式が発表された[5]。2月22日開幕 (前年に引き続き金曜日開幕)、12月7日閉幕の全34節・合計306試合で行われる。, この年は9月から11月にかけて開催される2019 ラグビーワールドカップの影響により、ホームスタジアムがワールドカップ開催会場となるクラブに対し、スケジュール面で複数の特例措置が執られている。主会場の味の素スタジアム(東京スタジアム)をホームとするFC東京は、「ホームゲーム・アウェーゲームはそれぞれ2試合連続まで」という原則を曲げ、第17節から第23節までホーム3連戦が2度設定される一方、第24節から第31節まで8試合連続アウェーゲームとなる[6]。また、昭和電工ドーム大分(大分ビッグアイ、2月までの呼称は大分銀行ドーム)をホームとする大分トリニータは、9月のホームゲーム2試合について、J1の試合開催基準を満たさない大分市営陸上競技場での特例開催が予定されており、更衣室や夜間照明などの改修、更新工事を進めている[7]。, 2019年シーズンのJ1のクラブ数は前年同様の18[8]。2018年のJ2リーグ優勝の松本山雅FCは2015年シーズン以来4年ぶり、2位の大分トリニータは2013年シーズン以来6年ぶりの昇格。なお大分は、J1リーグ参加クラブ初のJ3リーグ参加経験のあるクラブとなる。, 戦前の予想では、2連覇を果たし、さらに元ブラジル代表のFWレアンドロ・ダミアンを補強した川崎、各ポジションに質の高い選手をそろえた鹿島を中心に、元スペイン代表FWダビド・ビジャなど前年に続き大型補強を敢行した神戸などが続くと予想する者が多かった[49]が、ふたを開けてみると、3年目を迎えた風間八宏の下で前年後半の好調をキープする名古屋、2年目の長谷川健太の戦術が浸透し、ディエゴ・オリヴェイラと永井謙佑の2トップに加え、トップ下で17歳のMF久保建英が躍動するFC東京[50]、第2節から5試合連続完封など堅守の光る広島[51]、さらには昇格組ながら片野坂知宏の下でFW藤本憲明を中心に攻守に完成度の高い大分[52]が上位を争う。しかし第8節に、広島との無敗同士の対決を制したFC東京が首位に浮上する[53]と、そこから首位をキープ。ラグビーワールドカップに伴うアウェイ8連戦も4勝2敗2分けと大きく星を落とすことなく上位をキープし、そこに第22節から9戦無敗で首位を奪った鹿島と、2年目のアンジェ・ポステコグルーの掲げる攻撃的サッカーが浸透し、第24節から無敗を続ける横浜FMが絡む三つどもえの様相を見せる[54]。残り3節となった第32節、首位FC東京が湘南に引き分け、3位鹿島も広島と引き分けた一方、2位横浜FMが勝利して今シーズン初めて首位に浮上[55]。続く第33節、横浜FMは前節で三連覇の可能性の消滅した川崎を下して首位をキープする一方、2位FC東京は浦和に引き分けて勝ち点差が3に広がり、3位鹿島は神戸に敗れて優勝の可能性が消滅。優勝決定は最終節での横浜FMとFC東京の直接対決に持ち込まれた[56]。, 下位については、戦前の予想では昇格組の松本・大分と、前年シーズン終盤で残留を争った磐田・仙台・鳥栖、前年後半に失速した広島の苦戦を予想する声が多かった[49]が、リーグが始まると大分・広島が上位争いに食い込む一方、鳥栖・清水・仙台といったチームが苦戦。鳥栖はリーグ開幕10戦でわずか1得点しか奪えない(1勝1分8敗)という苦境に陥り、今季就任したばかりのルイス・カレーラスを早々に解任し、コーチの金明輝を昇格させる[57]。清水も11節終了時点でリーグワーストの失点26と守備が崩壊し、監督のヤン・ヨンソンを解任してコーチの篠田善之を昇格させる[58]。一方、前年昇格プレーオフで辛くも残留を果たした磐田はリーグ序盤こそ残留争いに巻き込まれるには至らなかったものの、得点力不足に悩まされ中盤以降最下位に転落。7月に退任した名波浩の退任を引き継いだ鈴木秀人でも立て直せず、さらにその後を引き継いだフェルナンド・フベロも戦術浸透に時間がかかり、低迷から脱せずにいた[59]。松本は序盤こそ勝ち星を重ねたものの、中盤戦以降は得点力不足から勝ち星から見放されるようになり、徐々に順位を下げる。また、湘南は監督の曺貴裁がパワハラ問題で第23節から現場を離れることになる(10月8日に退任)と、そこから11試合勝ち無し(3分け8敗)と急失速。しかし他チームとの勝ち点差が大きく開くことはなく、第27節終了時点(残り7試合)で、9位神戸から16位鳥栖までが勝ち点7差[60]、さらに第30節終了時点(残り4試合)でも11位浦和から17位松本までが勝ち点6差[61]という大混戦の状況となった。迎えた第33節、最下位磐田は名古屋に勝利するが、17位松本はG大阪に敗れ、さらに16位湘南が広島に11試合ぶりの勝利を挙げたため、湘南と磐田・松本との勝ち点差が4以上となり磐田・松本の17位以下(自動降格)が確定した[62]。また、湘南と勝ち点差が4あった14位鳥栖・15位清水が共に敗れ、最終節で鳥栖と清水が直接対決するため、湘南は最終節に勝てば自力でJ1残留を決められる可能性が生じ、数字上12位名古屋・13位浦和にも16位転落の可能性は残るものの、得失点差の関係もあって事実上3チームによるJ1残留争いを迎えることとなった[63]。, 迎えた最終節、横浜FM対FC東京の試合会場・日産スタジアムには6万3854人というJリーグ最多観客動員記録となる観客が詰め掛けた[1]。2006年最終節以来となる「最終節での優勝決定直接対決」は、優勝するには4点差以上での勝利が必須となるFC東京が前節の負傷を押して出場したFW永井らを中心に序盤から攻勢に出るが、なかなか得点に繋がらず、逆に横浜FMが徐々に主導権を握る展開となった。前半25分にDFティーラトンのシュートがFC東京MF東慶悟のブロックでコースが変わり、GK林彰洋の頭上を超えてネットを揺らし横浜FMが先制に成功すると、さらに前半終了間際にはMFマルコス・ジュニオールのパスを受けたMFエリキがゴールを決め、横浜FMが2点リードして前半を折り返した。後半17分に永井の突破をペナルティエリア手前で倒した横浜FMのGK朴一圭が一発退場となり、FC東京が数的優位に立ったがチャンスを生かせず、逆に横浜FMが後半32分にカウンターから左サイドを突破したMF遠藤渓太がダメ押しの3点目を挙げた。その後スコアは動かず試合終了、横浜FMが3-0でFC東京を下して7連勝を飾り[64]、15年ぶり4回目のJリーグ制覇を成し遂げた。横浜FMのマルコス・ジュニオールとFW仲川輝人が15得点で得点王となり、Jリーグ史上初めて「同一チームの2名が得点王獲得」となった[65]。, 一方の残留争いは、直接対決となった15位清水vs14位鳥栖、さらには18位松本vs16位湘南とも堅い展開となり、前半はスコアレスで終える。後半に入ると、清水が後半23分にFWドウグラスのミドルシュートで先制、続いて後半38分に湘南が途中交代のFW野田隆之介のゴールで先制し、鳥栖に参入プレーオフ行きの可能性が高まる。しかし後半45分、松本がクロスボールの落としをこちらも途中交代のFW阪野豊史が同点ゴールを決め[66]、2試合ともそのまま試合終了。清水が1-0で鳥栖に勝利して自力でJ1残留を決める一方、勝ち点で並んだ鳥栖と湘南は得失点差の差で鳥栖が15位となりJ1残留。湘南が参入プレーオフに回ることとなった[67]。プレーオフに回った湘南は、徳島との決定戦を1-1で引き分けてJ1残留を決めた[68]。, なお、最下位の磐田は最終勝ち点を31まで積み上げ、2018年の長崎(勝ち点30)を上回る最下位としての史上最多の勝ち点を記録した[69]。, 最終更新は2019年12月14日の試合終了時出典: J.



出張 到着 報告メール 23, セイバー 私服 似てる 4, ディーンアンドデルーカ 福岡 5周年 4, 東芝 洗濯機 エラー Ec6 6, Stu48 Showroom フォロワー数 ランキング 21, 勇者ああああ 2019 ゲームオブザイヤー 12, 英英 単語帳 アプリ 8, 天気の子 メドレー ピアノ 5, 新テニ 不二 出番 4, 東武動物公園駅 時刻表 バス 4, リア 英語 略 4, ドラクエ ドラゴン系 最強 17, ユナイテッド シネマ 前売り 券 9, キンキキッズ ギター 師匠 4, Goodtime 歌詞 意味 53, とび森 マイデザイン 服 夢番地 15, ジョブチューン ランキング やらせ 4, Ma 1 ブルゾン メンズ 25, Cities: Skylines 昼夜 切り替え 5, Orange 6巻 ネタバレ 6, ファブル 映画 Wiki 8, 堂本光一 インスタライブ 声 12, グラブル エリュシオン リミットボーナス 5,