仕様:CDのみ, 2.

・体重:42kg オリコン https://youtu.be/xhnYYIKG6cI

https://www.youtube.com/channel/UC3qI2t2Oq8Xeoc46A08PKig !~あなたの微笑みに~」Music Video (another version) ●ミニインタビュー通常盤...[CDのみ] UMCK-1482 / 3,000円(税別) ★本人メッセージ入り歌詞カード 《収録楽曲》収録曲:全10曲 1:Dancing Dancing ! !』において、本人より明らかにされたエピソード。, ファンタスティック・コンサート レモンの季節 - Seikoland 〜武道館ライブ'83〜 - SEIKO CALL 〜Live'85〜 - Super Diamond Revolution - Sweet Spark Stream - Precious Moment 〜1990 Live At The Budokan〜 - 1991 Concert Tour Amusement Park - LIVE 1992 Nouvelle Vague - LIVE DIAMOND EXPRESSION - Live Glorious Revolution - Video Bible 〜Best Hits Video History〜 - LIVE It's Style'95 - Live Vanity Fair'96 - Bon Voyage 〜The Best Lives and Clips〜 - Seiko Live'97 My Story - Seiko Live'98 FOREVER - Seiko Matsuda Zepp Tour 1999 〜137分33秒の奇跡〜 - Seiko Matsuda Concert Tour 2000 20th Party - Seiko Matsuda Concert Tour 2001 LOVE & EMOTION - Seiko Matsuda Concert Tour 2002 Jewel Box - SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2003 Call me - SEIKO MATSUDA COUNT DOWN LIVE PARTY 2003-2004 - SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2004 Sunshine - 25th Anniversary Seiko Matsuda PREMIUM DVD BOX - 25th Anniversary SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2005 fairy - SEIKO MATSUDA COUNT DOWN LIVE PARTY 2005-2006 - SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2006 bless you - SEIKO MATSUDA COUNT DOWN LIVE PARTY 2006-2007 - SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2007 Baby's breath - SEIKO MATSUDA COUNT DOWN LIVE PARTY 2007-2008 - SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2008 My pure melody - SEIKO MATSUDA COUNT DOWN LIVE PARTY 2008-2009 - Seiko Matsuda Concert Tour 2009 "My Precious Songs" - Seiko Matsuda COUNT DOWN LIVE PARTY 2009-2010 - Video Diamond Bible - SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2010 "My Prelude" - Seiko Matsuda COUNT DOWN LIVE PARTY 2010-2011 - Seiko Matsuda Concert Tour 2011 Cherish -SEIKO MATSUDA Count Down Live Party 2011-2012 - Seiko Matsuda Concert Tour 2012 Very Very - Seiko Ballad 2012 - SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2013 "A Girl in the Wonder Land" 〜BUDOKAN 100th ANNIVERSARY〜 - 2013 New Year's Eve Live Party 〜Count Down Concert 2013-2014〜 - 〜Pre 35th Anniversary〜 Seiko Matsuda Concert Tour 2014 Dream & Fantasy - 〜35th Anniversary〜 Seiko Matsuda Concert Tour 2015 "Bibbidi-Bobbidi-Boo" - Seiko Matsuda Concert Tour 2016「Shining Star」 - Seiko Matsuda Concert Tour 2017「Daisy」 - Seiko Matsuda Concert Tour 2018 Merry-go-round, SEIKO clips - Seiko Clips2 1992 Nouvelle Vague - Seiko Clips3 DIAMOND EXPRESSION - Seiko Clips4 Glorious Revolution - Seiko Clips5 It's Style'95 - Vanity Fair - WAS IT THE FUTURE - My Story - Forever - Seiko '96〜'98 - Video the LOVE 〜Seiko Matsuda 20th Anniversary Video Collection 1996-2000〜 - LOVE&EMOTION, レッツゴーヤング - 松田聖子のはじめての情事 - おとなの選択 - わたしってブスだったの? メッセージ 松田 聖子(まつだ せいこ、1962年3月10日 - )は、日本の歌手、シンガーソングライター、女優。1980年にデビューをしてから今日に至るまで活躍し続ける日本を代表するアイドルである[3]。女優の神田沙也加は元夫・俳優の神田正輝との娘[4]。, 福岡県久留米市荒木町出身。所属事務所はfelicia club(フェリシアクラブ)[5]。身長160cm、体重42kg(身長、体重は公式サイト2008年12月25日のデータより)。血液型A型。, 1970年代を代表するアイドル山口百恵が引退する年の1980年4月に、「裸足の季節」でレコードデビュー。その伸びのある歌声で注目され、リリースしたレコードが次々とヒットを記録する1980年代を代表するアイドルとして活躍した[3]。類い稀な声質と「ぶりっ子」と言われるほどの可愛らしい仕草や容姿が相まって人気を博し、トレードマークであった「聖子ちゃんカット」と呼ばれるヘアスタイルを模倣した若い女性たちが当時の街中に溢れかえった[3]。, 芸能界が「百恵引退後のアイドル像」を模索する中で、聖子は「実人生とアイドル像を限りなく一致させる」という百恵の方針とは正反対の、「白いドレスを着飾ったアイドルの原点」を演じるという方向性をとり、実際に衣装や容姿の点で自身の主張を通していた(「聖子ちゃんカット」と呼ばれるヘアスタイルも聖子自身が行き付けの美容室で相談して作り上げたものである)。聖子のアイドル像は、百恵が徹底した「脱アイドル」以前にあった「アイドルの原点」を演じることにあり、これが若者の支持を集めたのではないか、とされている。1980年10月に百恵が引退した時点で、聖子はデビュー半年で「ポスト山口百恵」の筆頭として認知されるに至っていた[3]。, 容姿だけでなく、歌唱の表現力でも80年代のアイドル歌手としては突出したものを持っていたとする但馬オサムの評価があり、歌の下手なアイドルでも通用した「可愛い子ちゃん歌手」の時代からの転換を象徴していた[6]。声量に関しても特筆すべきものがあり、初期の楽曲の作詞を手掛けた三浦徳子は最初に歌声を聴いた時を振り返り、「いくらでも声が出るんで驚きました。マイクなんかいらないくらい」とコメントしている。また、三浦が「母音をしゃくりあげるような歌い方」と表現する特徴的な歌唱法は、同じく初期の楽曲の作曲を手掛けた小田裕一郎から受けたレッスンの影響によるもので、彼の歌い方にそっくりだという[7]。, 聖子を発掘したCBS・ソニーのプロデューサー・若松宗雄は、聖子の魅力について第一に声質を挙げ、透明感と強さ、その中に娯楽性とある種の知性を感じたと語っている。絶頂期は多忙なスケジュールから曲のレッスンを受ける時間は無く、レコーディングの当日に楽曲を聞いて即収録に挑んでいた。プロデューサーからもとにかく勘が良いと言われており、2~3回デモを聞いただけで曲調を覚えて歌えるようになっていたという。, 楽曲の記録としては、1980年の3枚目のシングル「風は秋色」から1988年の26枚目のシングル「旅立ちはフリージア」まで24曲連続でオリコン週間シングルチャート1位を獲得。これはピンク・レディーが当時持っていた9曲連続を大幅に塗り替える記録であり、CDバブルを迎えた2000年に破られるまで11年10ヶ月間保持していた。, デビュー初期の曲は、三浦徳子の作詞、小田裕一郎の作曲が主だったが、6枚目のシングル「白いパラソル」以降、作詞に松本隆が起用され(19枚目のシングル「ハートのイアリング」まで)、作曲家の選択も含め松本のプロデュース色が濃くなっていった。編曲は2枚目のシングル「青い珊瑚礁」からの大村雅朗が主体となり、アルバム曲を含めた多くの楽曲を担当した[2]。80年代の作曲家は財津和夫、松任谷由実(「呉田軽穂」名義)をはじめ、細野晴臣などニューミュージック系の作家が多かった。代表曲である「赤いスイートピー」が松任谷由実の初めて手掛けた曲であることはあまり知られていない。, 私生活では、デビュー前から憧れの存在であり、数年に亘る交際の末に結婚間近とまで言われていた郷ひろみとの破局。その後、すぐに映画で共演した神田正輝との交際が公となり、1985年6月に結婚。翌1986年10月に長女・沙也加を出産するなど、話題は尽きなかった。母となり大きな転換期を経た後も変わらずアイドル歌手としてヒットを続けたため、「ママドル」という呼称も生まれた。, 1980年代から作詞や作曲を行うことが時折あり、「小さなラブソング」の作詞に始まり、「Canary」、「とんがり屋根の花屋さん」、「時間旅行」、「シェルブールは霧雨」などの作曲をしていた。この経験が後のセルフプロデュースに繋がっていき、1990年代以降は作詞・作曲やアルバムのプロデュースに自ら取り組むシンガーソングライターとしての活動を展開していった。その一端として海外での音楽活動も意欲的に行っており、1990年にSeiko名義で全米デビューを果たした後も、日本でのポップス路線と並行してたびたびリリースを続けていた。1996年には、小倉良と共作した「あなたに逢いたくて〜Missing You〜」が初のミリオンセラーを記録し、自身最大のヒット曲(2020年現在)となった。歌手として円熟味が増した近年では、海外進出時に出会った著名な音楽家との交流を元に全編英語詞のジャズアルバム(『SEIKO JAZZ』、『SEIKO JAZZ 2』)をリリースするなど、新たな一面も見せている。, デビューから40年あまり、過激なプライベート報道や様々なバッシングに合いながらもなお「アイドル」と呼ばれ続けるその活動に敬意を表して「永遠のアイドル」と称されることもあり、『女性自身』や『婦人公論』その他の雑誌、TVなどのメディアにおいて「生き方に憧れる女性有名人」「輝いている女性有名人」「スターだと思う有名人」「永遠のアイドルだと思う有名人」などの好感度アンケートでは常に上位にランクインした。2007年4月9日、「松田聖子的生き方」とそれに共感する同世代の女性たちに焦点を当てたドキュメンタリー番組、NHKスペシャル『松田聖子 女性の時代の物語』が放送され、放送後も『朝日新聞』の天声人語(4月15日付)にもその話題が取り上げられた。大宅壮一文庫創設以来の人名索引総合ランキングでは「松田聖子」が1位(2015年2月)となっており、2位の小沢一郎らを抑えて「日本の雑誌にもっとも頻繁に登場した著名人」とされている。, 1962年3月10日、福岡県久留米市荒木町(当時の三潴郡筑邦町)に、同県柳川市出身で社会保険事務所に勤める公務員(厚生省事務官)の父親と、同県八女市の庄屋出身の母親の長女として、母親の姉が院長夫人だった高良台病院で生まれた。難産で生まれた時には仮死状態であった[8]。, 出生名・蒲池 法子(かまち のりこ)。生家は柳川城の城主だった蒲池氏第16代目蒲池鑑盛(蒲池宗雪)の三男・蒲池統安の子孫であり、江戸時代は柳川藩家老格だった旧家[9][10][11]。家紋は蒲池久憲以来の「左三巴」[注釈 1]。8歳上の兄がいる[8]。, 幼少期太っていた法子は、「ブタまんじゅう」と呼ばれてからかわれていた[8]。久留米市立荒木小学校卒業後、久留米市立荒木中学校に入学しテニス部に所属。家と同校が隣接しているため、油断して遅刻の常習者となった(のち1997年には、同校創立50周年記念に正門を寄贈した)。中学時代はスチュワーデスか保母になりたいと思っていた[8]。母親は二重まぶたのはっきりした目なのに、自分は一重まぶただったため、母親の目が羨ましかったという[8](デビュー後の雑誌インタビューによっては、好きな自分の体の部位として目を挙げたこともある)。, 1977年、4月8日、カトリック系の久留米信愛女学院高等学校に入学する[8]。ジャンパースカートとボレロの制服に憧れ、父親も娘を淑やかなお嬢さんに育てたいという方針でこの高校に決まった[8]。キリスト教研究部に入部し、聖書の勉強に勤しむ[8]。行事の度に皆の前で聖書を読む「女神」という役職(各学年で1人ずつ)に選出される[8]。大ファンの郷ひろみのコンサートが福岡で行われる度に観に行き、歌手に憧れるようになる[8]。, 高校入学まもない春、福岡開催のテイチク新人歌手オーディションに応募し、桜田淳子の「気まぐれヴィーナス」を歌うが二次審査で落選。8月には第二回ホリプロタレントスカウトキャラバン九州大会にも応募するが書類選考の第一次審査で落選[8]。この時一緒に応募した友人は一次審査に合格したものの大会直前に扁桃腺手術をして歌えなくなったため、法子(聖子)がフォロー役で急遽ピンクレディーの曲でコンビを組み出場した[8]。2人は最終審査の5組に残ったが優勝できなかった[8]。, 高校2年となる1978年、CBSソニーと集英社『セブンティーン』が主催する『ミス・セブンティーンコンテスト』九州地区大会に桜田淳子の「気まぐれヴィーナス」を録音したテープを送り予選合格。歌手になりたいという動機以外の応募理由には、優勝特典が「アメリカ西海岸のディズニーランドにご招待」で、「大好きなミッキーマウスに会える」ということと、全国大会のゲスト審査員が憧れの郷ひろみであったことである。そして4月に福岡市民会館で行われた九州地区大会で優勝[8]。, しかし、両親には内緒で応募していたため、コンテスト当日は「大好きな歌手に会いに行く」と嘘をつき母親に会場の福岡市民会館まで送ってもらった。母親は聖子と別れて買い物に行くが、買い物を終えて会場に入ってみると聖子がステージ上で歌っていた。九州地区大会で優勝し全国大会への切符をつかんだものの、公務員で厳格な父親の承諾を得られず全国大会は辞退するが、九州地区で優勝した法子の歌声を聴いたCBSソニー制作部・若松宗雄は「この子は絶対に売れる」と確信し、法子をプロデビューさせようとスカウトする[8]。, 若松は聖子の歌声を初めて聴いた時のショックを「まるで夏の終わりの嵐が過ぎたあと、どこまでも突き抜けた晴れやかな青空を見た時のような衝撃でした」と語っている。法子の芸能界入りは、学校の規則や父親の反対により既に断念されていたが、諦めきれなかった若松は久留米の実家まで足を運び法子の両親に直談判するが、それでも父親を説得することはできなかった(そのため聖子のデビューは当時のアイドルとしてはやや遅い年齢となる)。そんな中、法子は若松の紹介で東京音楽学院九州校(渡辺プロ系列)に通う[8]。渡辺プロの九州支部長の説得により父親がやっと承諾するが、東京の渡辺プロ本社は、送られたデモテープをあまり重視せず、「この娘は、ガニ股である。ガニ股はテレビ映りがよくない。舞台でも問題がある」との理由で、スタイルの悪いO脚の法子の写真を見て不採用とした[12][8]。, 1979年5月、若松がサンミュージックプロダクション社長の相澤秀禎に直訴するも相澤は一旦保留。若松は面倒見の良い相澤の事務所に預けたかったという。法子がサンミュージックの面接を受けに福岡から上京した時は、丁度出張で出向くということもあり父親が一緒に付き添って行った。5日ほど滞在して父親が帰郷する日、聖子は寂しさのあまり泣きだしてしまい、見かねた父親が「そんなに悲しいなら一緒に帰ろう」と言うが、両親の反対を押し切ってまで来たのだから頑張ってやってみようと意志を貫いたという。6月にサンミュージックの事務所に初めてやってきた法子を見た当時の社長・相澤は、田舎から上京してきたばかりで垢抜けず爽やかでもないという印象を持ち、男性スタッフも同様に興味を持たなかったが、直接歌唱を聴いた幹部社員で、音楽プロデューサーとして信用されていた女性スタッフが聖子を熱烈に推したことで採用が決定し契約することになった[13][8]。, 法子は、社長から来年3月の卒業後に来るように告げられるが、7月、卒業を待たずに高校を中退し歌手デビューのため単身上京。その行動力と熱意に押された相澤は法子を寮に住まわせ堀越高等学校に転入させた[8]。当時のサンミュージックは、新人アイドルとして売り出す予定の中山圭子に注力していたため、法子がすぐに歌手デビューする予定はなかった。しかし、翌年にはその方針が変わり、それによって当時のトップアイドルであった山口百恵の引退という、時代の転換期である1980年にデビューすることとなる[8]。, プロダクションが用意した「新田明子」と「松田聖子」という芸名から、法子は「松田聖子」を選んだ[8]。ちなみに「新田明子」という名は同プロ所属の中山圭子のため考えられてボツになったものだった(そのことを中山圭子は法子には言わなかったという)[8]。芸名については、当初ほぼ「新田明子」になる予定であったが、あまりパッとしない印象であり本人も気に入らなかったため、社長の相澤が当時凝っていたという姓名判断に委ねた結果、沖紘子の名付けで「松田聖子」に決まったという説もある。, 11月、ニッポン放送『ザ・パンチ・パンチ・パンチ』のパーソナリティ「パンチ・ガール」のオーディションに合格し、翌年1月からレギュラー出演開始した[8]。12月には、日本テレビ系ドラマ『おだいじに』にレギュラー出演(女優デビュー)。ドラマの撮影シーンで、サンミュージックの先輩でもある太川陽介とのキスシーンがあり、聖子にとってはそれがファーストキスであったという。法子は自分の芸名の「松田聖子」をそのままドラマの役名にしてもらった[8]。, そして、資生堂の洗顔クリーム「エクボ」のCMモデルのオーディションを12月に受け、一次審査の面接、二次審査の水着での踊りに合格するが、最終審査のテスト撮影でどうしてもエクボが出なかったため不合格となる(選ばれたのは、同じく新人タレントの山田由紀子)[3]。聖子は「エクボ」以前にもアイスクリームのCM出演オーディションも受けていたが落ちていた[3]。, 資生堂の洗顔クリーム「エクボ」のCMモデルには不合格になったが、サンミュージックの相澤社長の陳情で「エクボ」のCMのイメージソングの歌唱起用が1980年2月に決定し、同年4月1日、「エクボ」のCMイメージソング「裸足の季節」で歌手デビュー[3]。なお、相澤社長は聖子にビジュアル的な面を期待しておらず、もっぱら歌だけでやっていこうと考えていたためCM出演させなかったとも語っている[13]。偶然にも、1970年代を代表するアイドル山口百恵が引退する年の1980年に、聖子はレコードデビューすることになった[3]。, 聖子の「裸足の季節」の歌声はCMで頻繁に流れたものの、当初は顔と名前の浸透度が低く、CM映像に出演した山田由紀子と2人で行ったCMイベントのサイン会でも聖子の前には誰も並ばず、「あの娘は誰?」という目で見られ悔しい思いをしたと、後に発言している。それから程なくしてテレビの歌番組などに聖子が登場するようになると瞬く間に人気が沸騰した[3]。, デビュー当時のキャッチフレーズは「抱きしめたい!

ハイアンドロー ファイナルミッション 動画 フル 22, 長谷川京子写真集 公式 サイト 4, 赤ちゃん 夜 起きない 脱水 7, 三菱日立パワーシステムズ 高砂 コロナ 9, 障害者 兄弟 親の死後 5, Notosanscjktc Regular Otf 5, 独身 休日 なんj 12, バレーボール ポジション 英語 14, Cnn Rnn 組み合わせ 7, Norikiyo Zeebra 百千万 16, 続終物語 動画 アニチューブ 46, モーゼ 東中野 テイクアウト 9, Close Quarters Combat 読み方 5, アオダイショウ 幼蛇 マムシ 違い 12, Line ストーリー 足跡つけない 19, イトーヨーカドー明石 フロア マップ 16, 山口俊 嫁 事件 12, ファミリーヒストリー 浅野忠信 感動 4, ヘンリー王子引退 イギリス 反応 33, Spec 原作 漫画 5, サザエさん 学歴 公式 28, 少年野球 ピッチャー アイシング 49, 中川大志 バスケ 東山 6, 中学生 心臓が痛い 何科 14, ルイガンズ プール 子供 16, タガタメ ソル 照れ 13, 青木理 モテ る 11, Jr西日本 Cm 女優 歴代 20, ランニング 速度 目安 4, 唐揚げ 移動販売車 中古 6, ロコソラーレ ネッツ トヨタ 5, Rtx1210 Vpn 同時接続数 設定 5, 過保護のカホコ 1話 9tsu 4, 愛していると言ってくれ 12話 ネタバレ 8, 学校の怪談 ドラマ 2話 11, Iso 適合性 有効性 妥当性 7, 手荒れ 職業 ランキング 17, 相撲 モンゴル なぜ 4, スーパー耐久 富士 24時間 2020 8, 記憶 日本ドラマ ジュノ 4, 優愛 名前 由来 14, 神話 韓国 アンディ 結婚 11, 中田 杉谷 小説 13,