私立大学の教授をしています。たしかに私学の教授のほうが給与は高いと思います。しかし、それは授業数も多く、担当学生数も段違いに多いからです。つまり教育者としてより多く働いているからです。大学の教師は、基本的には教育者として給与をもらっているのであって、研究者として給与はもらっていないはずです。そのあたりをこの京大教授はご存じないのではと思います。, 大要「年収に不満なら転職すればよい」という点について。たしかに転職も一つの選択肢だが,自分の仕事の価値はもっと高いと雇用主に訴え,交渉する方をまず先にするのが普通ではないか。そもそも記事のいうように高山先生の趣旨が賃金引き上げにあったか疑問もあるが,そうだとして,直接の雇用主である京大と交渉したからって現実問題賃金が上がるわけないだろう。むしろ,根本的な解決策として国公立大学の人件費全体を引き揚げるべく世論に訴えるのが,交渉「相手」選びとして真っ当である。交渉も含めて市場原理であり(さすがにそれは否定しないよね??),公務員が給料引き上げを世論に訴えるのは交渉の一態様であり,河合さん含めて交渉相手たる世論はそれを受けて賃金引き上げの当否を考えればよい。それを,京大が940万が妥当といったのだからおまえの市場価値は940万だと決めつける,その態度は肩書や所属集団で人間の価値を決めることと少しも違わない。, 「給与≠仕事の価値、人間の価値」に共感。と同時に、この京大教授も被害者なのかも知れない。そう思ったのは、この教授の方は自分の仕事に「誇り」を持てていないのでしょう。そうさせているのは、京大の職員に対する教育にあるのかもしれない(学生に対する教育を指していない)。先日テレビで世界に誇れる日本経営事例で東日本の新幹線の掃除のおばちゃんたちに仕事に対する「誇り(価値)」を持たせるある経営者の取り組みが紹介されていた。同一に並べられないが、京大のトップマネージメントがもっと職員の「誇り」を持たせられる教育ができたと思う。しかし、教授は、一般企業でいると課長以上の管理職?!これをいっちゃう管理職はたまらないまぁ~。, 国立大学に勤めるものとして、記者の意見には違和感を感じざるを得ません。というのは京大教授というのは高校教師のような普通のありふれた地位ではなく、厳しい競争を勝ち抜いたものだけが得られる特別の地位だからです。今、国立大学卒業生の7割近くは進学します。うち博士号を取得できる者は1割ほどでしょう。その大半は非常勤のポストしかえられません。博士号取得者のうちで旧帝大教授のポストにたどり着ける者は1%もいますでしょうか。記者は「経済的な見返りが欲しければ私立大に行けばいい」といいます。さて、30年前、日本の大学はレジャーランドだと揶揄されました。しかし、国立大学は努力を重ね、レジャーランド状態から脱却しました。今の学生は、入学時から厳しく絞られています。ところが、留学生から仄聞するところによれば、それが一流有名大学であろうと私立大学では現在でもレジャーランド状態を継続しているようです。ここからもわかるように、教育や研究の質という意味で、入学時の偏差値などとは無関係に国立大学と私立大学の間には巨大な格差が存在します。もとより旧共産圏が主張する絶対的平等主義、どのような大業績を挙げた者にも経済的な見返りは与えないという発想もありえます。が、プロスポーツを見たら分かるように、競争的な国際環境下でその思想を実践すれば、人材の流出に繋がるだけでしょう。最近もこんなことがありました。医大病院で、米国移植医療の権威者を教授として招聘したのです。彼は祖国の遅れた医療技術を少しでも改善しようと快諾。ところが日本国立大学教授の給与では子息を米医大に入学させ進んだ医療を学ばせることができないことが判明、結局その話は無かったことになりました。教育だろうと研究だろうと、トップクラスのそれは国の将来に直結します。ただでさえ日本の高等教育予算は先進国比で半分。私もレジャーランド大学を批判することについては悋ではありませんが、トップクラス大学への支出をさらにケチることは日本の将来にとって大変まずいのではないかと思います。, 「東大京大教授であれば、高い年収であるべき、などというご意見をおっしゃる方は、日本国の財政破綻をご存じないのですか?とお聞きしたい。」いつ破綻するのですか?20年前から破たんすると言って、全然しない。しかも、財政赤字は増えているのに。円建ての国債で、今の低金利。どこが破たんする国家ですか?東大卒の官僚が、経済学を学んでいなかったのか?わかっていて、国民をだましているのか?, 「世の中のことが、ぜんぜん分かってないやろ!年収200万で働いている非正規のことは、知らへんのか?それは、自分には関係ない話なんか?」努力して教授になっても、この給料ならばかばかしいでしょう。社長とアルバイトの給料は違うのです。逆に、社長の給料って、それだけ分働いているのかを、不満に思うべき。教授は、部長くらいですかね。部長の給料をアルバイト並みにしろというのは、単なるひがみでしょう。, 「官僚の多くは法学部の出身です。しかも大半は東大、京大出のエリートです。つまり、自らの教え子達が教授の報酬を低くしているということです。予算や報酬に対して正しい判断ができるように教育してほしと言うことです。」まちがいです。法学部で教えることではない。アメリカでは、その学部の専門家が妥当な研究費か判断する。なぜ日本では、門外漢の官僚が、勝手に決めるのでしょうか?法学部の研究だけ教えたとしても、他の学部の研究など、日本の官僚に判るわけないのです。, ちょっと違う観点から意見を言わせてもらいます。記事の教授は法学部の教授のようです。官僚の多くは法学部の出身です。しかも大半は東大、京大出のエリートです。つまり、自らの教え子達が教授の報酬を低くしているということです。法学というのは研究にかかる費用が少ないといわれています。それにしても年間12万5千円の研究費は少なすぎですね。私の知り合いの教授の話では、法学部出身の官僚は大学時代研究にお金をかけていないので、研究費がどのくらい必要なのか実感できていない。そのため正しい判断ができない。とおっしゃっています。以前、事業仕分けでスーパーコンピューターの費用の話などをみても、研究費の妥当性の判断は門外漢には無理です。その自覚さえない法学出身者たちが研究費を減らしているわけです。△何がいいたいかといえば、まずは、予算や報酬に対して正しい判断ができるように教育してほしと言うことです。自分の教え子を予算に対して正しい判断ができるように教育することが、国立大学の教員の報酬や研究費が正当に払われるようになる第一歩です。東大がだめでも京大だけでもまっとうになればかなり変わると思います。, 私も、年収940万の何が不満なんだ?という感想しか持ちませんでした。もちろん賃下げと言うのは簡単には受け入れがたいことですし、それはそれでもっともな話です。しかし、年収の絶対値が低すぎるといわれても、かなり納得しがたい話です。件の大学教授氏は話を持っていき方を間違えたのではないでしょうか。最初から正直に賃金カットには納得できない、とだけ言えばいいのに、本音やもっともらしい理由やその他のことを無節操にぶちまけて、河合さんに突っ込みどころを提供してしまったわけです。一方河合さんのお話も前半と後半で話がストレートにつながっていないように思います。"私大に行かれれば宜しいではないか"というコメントと"「給与=仕事の価値、人間の価値」でない"というのは全く反対のことにように思えます。, おまえ、ほんま腹立つわ!世の中のことが、ぜんぜん分かってないやろ!年収200万で働いている非正規のことは、知らへんのか?それは、自分には関係ない話なんか?京大の教授がなんぼのもんやねん?あなたは、どれだけ世の中に役立つことを今までしてきたん?いっぺん、時給800円で働いてみ。そしたら、お金のありがたさが分かるやろ。京大の教授がえらいと思っているのは、ほとんど妄想や!ちゃんと、人間として生きることを考えななあ。, 考えさせられることの多い見事な論考だと思います。著者が、最近の斜に構えた論に対して、真っ向から切り下した痛快な議論として、強い刺激を受けました。 給与の高い低いは色んな見方があるでしょうから、各自がそれぞれ判断すればよいと思います。 大切なのは、自らが携わる仕事の価値が何であるかを明確に認識することではないでしょうか。ミッション、使命とはそのことであり、それを自らがどう評価するかというのが肝になると考えます。 著者のご意見にほとんど賛成であり、まずは、極めてオーソドックスな判断だと敬意を表し、今後の参考にさせていただきます。 今後のご健筆を期待します。, 河合氏が引用した堀江氏の「やめたければ出ていけばいい」との発言、逆の観点から見ていただきたい。研究機関として、人員流出を招くようなことをやっていてよいのか、と。近年の国立大学における人文学系学部のあり方に関する議論を思い出してほしい。今後予算がさらに削られる。また、さらに薄給で働いている助手やらなんやらが多数いる。彼らが報酬を求めて出て行ったとき、研究機関は成り立つのか、くらいのことは言ってもらいたい。「私大に行けばいい」という話ではない。すべての研究者が「やりがい」を求めるわけでもなく、「やりがい」だけで人員を研究機関に定着させることもできないことは当然で、せっかく問題提起をしてくれた人物がいるのだから、もう少し建設的な議論を提示してほしい。そのうえで、人文学系研究職の給与水準の妥当性を議論すべきだ。, 全体をながめることなく、目立つ特定のキーワード(今回の場合「940万円」と「少ない」)に過剰反応してこれを批判するという風潮はいかがなものかと思っていたが、河合氏もこのような議論に首を突っ込むとは・・・。到底報酬を得て物を書いている人物の発言とは思えない。「仕事の価値はやりがいにある」との言葉はその仕事についている者が自主的にいうべきものであり、第三者が自身の価値観を強要すべきものではない。そして、報酬の絶対額の多寡を問題にすべきではない。, 個人の問題として捉えてはなりません。准教授、講師、助手、そして助手にもなれない人と続くのです。上が減れば下も減らされます。まともな仕事をしている人の収入が、よく働く学生バイトよりも低くてはいけません。補助金・助成金などの話を別の方がしていましたが、その制度自体が無駄がありすぎます(審査とか)。口がうまいことだけが評価されるということには反対です。, 私は中小外資系会社の技術者です。数年前に、円高を理由に従業員一律で年収15%カットに渋々応じざるを得ませんでした。京都大学の年収引き下げ強行にたいして、教員職員が撤回をもとめた訴訟を起こすのは、当然の権利です。どんな職業であれ、現在の収入が少なくても、多くても、それらによって賃金交渉や訴訟の権利が揺るぐことがあってはなりません。どの職業の年収が何百万だから多い少ないを議論する時間があったら、自分の収入について会社や雇用者と交渉する元気と勇気を持ちたいものです。, 金融機関の支店長の年収がいくらであるべきか、の相場というものがあるとして、しかし、黒字会社の黒字支店長と、赤字会社の赤字支店長とが、同じような年収ということはありえない。国立大学教授の年収も、国家財政次第であって、財政破綻状況の日本国の、国立大学の教授に、高い年収を支払うべきではない。東大京大教授であれば、高い年収であるべき、などというご意見をおっしゃる方は、日本国の財政破綻をご存じないのですか?とお聞きしたい。, 河合氏の主張に全く同感できません。東大、京大といえば学問の府として超一流。民間企業でいえばトヨタ自動車に相当と言っても過言ではありません。そして教授職というのは取締役部長にも相当する地位ですよ。私は余りに低収入だとおもいます。ましてや、大企業の該当職との比較ならともかくサラリーマン全体の平均年収を持ち出すとは貶めたいだけの引用ではありませんか?「他人の役に立った対価」と抽象論を言うのであれば筆者ご自身、とりあえず本稿の原稿料を育英会などに寄付などされたら如何でしょう。, >下のコメントの方へ「京都大学」「賃金訴訟」でググれば、京大職員組合のHPがトップに出ますから、そちらをご覧あれ。まあ、報酬の不満については高山教授がご自身のブログに書かれてますし、940万円の高い安いは筆者やコメント諸氏の主観なので、それについては特に何も思いませんが、、問題は、この事例から筆者が「給与=仕事、人間の価値ではない」と結論を導き出し、その過程で、「報酬が不満なら転職すればいいだけのこと」と、ホリエモンに同調して切り捨てていること。それ、保育園や介護施設で従事している方々にも胸張って言えますか?, 国立大学の教授を含めて、全ての公務員は、ローリスク・ローリターン、すなわち、雇用は安定していてリスクは低く、しかし、給与も低くてローリターン。私立大学の教授を含めて、全ての民間人は、ハイリスク・ハイリターン、すなわち、雇用の安定はなくてリスクは高く、だから、給与も高い時は高いハイリターン、ただし、リスクがあって、低給与になることもある、ということであるべし。国立大学の教授という安定した立場、ローリスクでありながら、高給(ハイリターン)を願うことは、虫が良過ぎると思います。, 他サイトにある高山教授の独占手記に「一部のインターネット記事が誤解を招くような形でとり上げているが、今回話題になった2013年の私の給与明細は、給与の引上げを求めて公開されたものではない。それが出てきた経緯は、私や他の京大職員組合員が大学法人を相手どって提起した、未払い賃金請求訴訟の過程である。」他コメントに既にありますが「この記事自体、明らかにミスリーディング。高山教授の趣旨は「東日本大震災復興財源確保のために必要だとして60数万円の賃金を一方的にカットされたが、嘘だったから返してほしい」というもので、あくまで賃金カットの不当性を主張しているのであって、年収に対する不満を述べたものではない。」河合氏の記事がミスリーディングなことはきっと理詰めの京大法学部の人には明らかでしょうが、多分一般読者にはそうではないことを確信しての河合氏のミスリードかもしれないと思いました。独占手記の記述が信用できるなら、当該の訴訟は高山教授と「他の京大職員組合員」が起こしたそうです。さて、このなかには940万ではない人も含まれているでしょう。下手をすると200万もいるかもしれません。河合氏はダブルスタンダードを用いないで「他の京大職員組合員」の訴訟を残念がることができるでしょうか。, こういった議論百出のテーマについては諸外国との比較材料が是非とも欲しいところですが、コメント欄にはアメリカとの比較しか見当たらず寂しいですね。どなたか欧州その他米国以外の先進国の大学での経験談をお持ちの方いらっしゃいませんか?この例に限らず、米国は「資本主義の極北」といった様相を呈しているのでグローバルに一般化するには特殊すぎるシステムを持つ国だと思いますので。, 「助成金を取ってくることも、研究者としての重要な資質だ。」に大賛成です。40代後半ならば、もうご自身のブランドとプロフェッショナルを売ってくるべきでは。新渡戸さんコメントも引用が秀逸でした。, 河合さんにしては珍しく情に流れた理論になっているように感じます。豆腐屋も学者も仕事が貴いことに異論はありませんが、同じ額の給与が払われるべきとは新渡戸さんも言っていないのではないでしょうか。一連の流れを追っていないので、それぞれの方の意見の真意をとらえることは難しいですが、「低い」と感じた人も「高い」と感じた人も、京大の教授の給料に対するある固定額のイメージがあるわけで、それこそが問題ではないかと感じます。京大の教授でも、成果によりこの給料以上の人、以下の人もいる状況が理想ではないかと思います。豆腐屋の給料にも差があって当然だし、成果の出ている豆腐屋の給料が成果の出ていない学者より高くてもいいわけです。成果で人を評価できない、これこそが戦後日本が未だに脱却できない問題点だと考えます。大学教授の給料を大幅にアップする場合にはtenure制度の導入も検討すべきだと思います。ほとんどの先生が一生安泰で学内に残れる状態で給料を他国と比較するのはナンセンスと感じます。「安心できない状況では、落ち着いて研究を行えない」というのであれば、やはりある程度、給与は抑え目にすべきなのかなと思います。, 私も下記コメントに全く同感します。>>この記事自体、明らかにミスリーディング。高山教授の趣旨は「東日本大震災復興財源確保のために必要だとして60数万円の賃金を一方的にカットされたが、嘘だったから返してほしい」というもの・・・それと民間も含めてですが優秀な人は海外に行けということなのでしょうかね。コメントを見ていてこういう人達に付き合う必要はないと思うし、言われなくても行っているようです。ホリエモンは従業員は安く使いたいただの経営者みたいですね。たいていの人は雇われる方ですが安く雇えそうな人がいっぱいいるようです。, 本記事の大学教授の方と同年代ですが、被災地の理学部におり、京都の法学部と立ち位置は異なります。*給料カットには、全国家公務員の皆様に御礼申し上げます。ご批判あり訴訟事も仄聞しますが、現実に破損建屋から移転させて頂いた側として。*日本の大学システムの問題は、サポートメンバー(技術者・事務)の数・給料が低すぎること。大量の雑用に仕事を阻害される。*各研究費がせいぜい3-4年単位で粒も小さく、若手ポスドクの給料や院生の旅費を安定して稼ぐのは至難。*でも国公立大は教員多めで同分野の人も学内にいる。私大だと講義に忙殺されまた一人ぼっちが多い。理論系はいいが実験研究は困難。*教員の1/3-1/4は教授です。平教授ならせいぜい「係長〜課長相当」かと。そう思えば、給料は「結構多い」と思います。大都市部ではいざ知らず普通に家も立つ。*「結局、人間を駆り立てるのは、お金より仕事の価値とそれに対する評価」。そう思うからこの仕事をしていますし、そう思う人が多いから、日本は発展してきたのだと思いますし、そういう学生がたくさんいるから、この仕事は楽しい。, 国立大の教授の給料が低いというのは間違いです.大手電機メーカーの課長以上ですね.部長と良い勝負だと思います.しかも,課長のポジションを得られる人の数は限られています.金融関係とか,商社とか,別の業種は知りませんが.この記事の前に知り合いの国立大学教授と話して事実を知りました.リストラの心配も,不景気でボーナスが減る心配もないのですから,こんなに羨ましい職業はありません.私も,学生時代に教授は収入が少ないと言われて就職しました.知っていれば,大学に残っていたかったです., 詳しくは読んでないけど、やっぱり「京大の教授で940万」は安すぎるなぁ。。単純に、「相場」として。グローバルに人間が動く今、この程度の年収で、世界に通用する優秀な研究者を呼び込んだり引き止めたりするのは、もう難しい時代になっていると思う。文系アカデミアは違うのかな?自分も現役の研究者で、大体この教授と同じぐらいの年収だけど、お金のことを考えたら、国立大の教授にはなりたくないなぁ、、って思うもんね。まぁ、大学職員は比較的兼業がしやすいから、本を書いたりコンサルティングでもして儲ければいいんじゃない?そのとき「京大」ブランドは明らかに有効だろうし、大学側もブランド力の分だけ給料を値引いているのかも。慶応なんかは実際露骨にそうだよね。, 京大教授の940万円が安すぎる、もっと上げるべし、とお考えの方は、どうか、その財源をどうするのかをご教示ください。消費税増税ですか?保育園増設よりも京大教授昇給が優先ですか?, 私は教授擁護派です。 一般に、優秀な人を集めたかったら、給料はそこそこ上げなきゃ駄目ですよ。一般の企業なら企業の勝手ですが、公務員や、公的機関は、それを考えなきゃいけません。「私大に行け」「起業しろ」などというのは暴論です。本当に多くの人が行っちゃったらどうするんですか!?国立大は、優秀な教授が抜け、私大に行けなかった人達だけでやるんですか? また、「あとで外に行く時に経験が役にたたない仕事は避けたい」と考える人が多くなったら、困ります。公務員の仕事は、経験を積んでも、直接的には他の企業では役に立たないものが多いんです。 それと、これはSNSに書かれたんですよね。給与明細アップはやり杉かもしれませんが、SNSってのは、「給料上がんないよ!」とぼやく場所です。, 940万なんて今や北欧諸国の平均年収以下ですけど、日本が没落したから仕方がありませんね。というか大学教授って自腹切ること多いんだから確定申告してその結果を公表してた方が同情を集めやすかったんじゃ…, 940万なんて今や北欧諸国の平均年収以下ですけど、日本が没落したから仕方がありませんね。まぁ日本第二位の大学の法学部の給料ですし、高裁、最高裁の裁判官と比べればもうちょっと上げては?と思いますけど, プリオンの研究者の例を出されていましたが、そういう研究を「民間では儲けられない」様な馬鹿に任せていたら対策となる研究はできなかったはず。社会安全保障としてはできるだけ有能な人に研究してもらい、成果を出してもらいたい。「やりたいことをやらせてるのだから」とはミクロな物の見方に過ぎる。大きな観点に立てば優秀な人材はそれなりの待遇でないと集められない。なのに、京大教授の自己犠牲に感服します。, 他のキャリア国家公務員の給与水準はどうなんでしょうか?事務次官の退職金が6000万とも8000万とも言われてますが、国立大学教授の給与は一般の省庁のキャリア公務員のどのクラスに相当する「べき」なのかを考えるべきでしょう。公立小中高の教員は都道府県・市町村の一般公務員プラスマイナスアルファだと思います。キャリア官僚の係長級と同レベルであれば低いし、せめて本省課長級と同程度(警察庁の本省課長級は都道府県警察本部長)で安過ぎなら辞めて私大なり民間に出ればいい。, 時々拝読。今回は他ではみないタイトルに興味持ちました。いつもその傾向あるように感じてスルーしてしまうのですが、文章がわかりにくい、読みにくい。ただ理解した範囲では、筆者の問題すり替えズルイ!という指摘に頷いた次第です。, 期待通りのコメントが集まっており良かったです。まだまだ事業を伸ばす余地があるなと元気が出ます。しっかりとした人ばかりだと事業やりにくいですからね。, 大学教授になんかなりたくなかったけど、大学教授にしかなれなかった、とか、大学教授になったけど、嫌で嫌でしょうがない、とか、そういう人は、まあ、いないだろうと思います(いるかもしれませんが)。大学教授になりたくて、なったんでしょう。教授になるまで、金と時間がかかるのは承知で、かつ、教授の給料がそれほど高くなく、大学時代の、民間企業に行った同期生に比べれば生涯賃金がだいぶ劣ることを承知で、大学教授を志したのでしょう。そういうリスクを承知で、大学教授を目指して、大学院に行ったり、ポスドクでくすぶったりしている人がたくさんいるのです。大学教授の給料が今より上がったら、教授希望者がますます増えて、ポスドクがもっと増えて、非常にまずいことになりそうな予感がします。, 著者に100%同意。コメント欄で反論してる人は、よほど自分の価値が高いと信じているのでしょう。著者は「大学の場」である教授の仕事の価値について論じていて、教授の賃金の不満に研究費やら学生やらを持ち出すなと言ってるだけ。どこに滅私奉公せよ、だの、賃金の文句を言うなとも書いてない。これって、名刺で生きてる人がいかに多いかを知らしめるコメント欄ですね。その醜さを引き出した著者はすごい!, いろいろご意見あるようですが、河合さん、会心作だと思います。年収940万が高いか低いかはもう個人の主観の問題ですが、河合さんがターゲットとしているのは、件の教授が「京大教授「なのに」940万「しか」もらえていない」という選民意識丸出しで主張していることと、「給料削減問題と、仕事の量・質に見合った給料、という2つの課題を意識的に混同させて主張していること、だと思います。たぶん、件の教授は自分の理想の仕事をするために京大にいるのではなく、京大教授というブランドを維持したいんです。そして、そのブランドに見合う給料をもらいたいんですよ。品性がない、ということですね。, 仕事のみならず自分の価値までが給与で決まると考えている方、いらっしゃるのですね。びっくりです。いわゆる風俗産業に従事している方々の中には、年収2000万以上の方もそれなりにいらっしゃいますが、その方々より件の教授は、また年収1000万以下の会社員は、人としての価値は下ですかね? そんなことはないでしょう。皆立派に仕事してますよ。人の価値を問うなら、まず人格の貴賎ですよ。, 貴女は、正規・非正規の平均値と、正規の大学教授とを比べて妥当だと思いましたか。誰でもできる仕事も含めた平均値と比べて、2倍しか無いので少なすぎると私は思います。少なからぬ大企業では年功序列で50台には1千万超という人がそれなりにいるのが正社員。若者が結婚できない理由も望まない非正規においやられて年収が低いせいだ、と自民党でさえ言い出した時代に比較対象が悪すぎる気はします。●賃金の大小は感情論(要するに妬み)もあって「高い」派が多く出てくること自体には驚きませんが、すでに大学教授は制度改定で国家公務員ではありませんので、一方的な賃下げを行った事案は純粋に労働法違反で雇用側敗訴すべき事案であると思います。, いつも難しい問題に切り込んで好きな河合さんだが、今回は同意できない。京大教授の待遇が低いという主張は、感情面で同感せざるを得ず、ともかく氏を弁護したい。歴史上、国を代表する大学の正教授までなって、家も建てられん、自分の子どもを同級生の子どもと同じ教育を受けられん、という待遇しか与えない国家というのは、そんなにあることかね。日本国、情けない。事実、私は先生より若いのに、ずいぶん多くもらってしまっている。それなのに、同等の価値の或る仕事はしていない。もちろん、仕事をさぼっていないし、給料分は働いているが、そりゃお金の近くにいる業界ならね。そんだけ。極論だが、たとえ財政破たん間際だったとしても、削るところはそこからじゃないと思う。裁判官の給料にしても同じ。教員は聖職という理屈を振り回して、我慢を強いるのはひどい。, いつも以上にバラバラな話のごちゃごちゃ寄せ集めの印象です。ひとつ大きな異論があるのは,筆者や堀江氏が言っている「ならば,事業を起こせば良い」ということです。事業を起こせば,事業の経営が占める割合が増えて,本当にやりたいことに掛ける時間が減るのは当然でしょう。また,事業規模が大きいからこそ実施できること,あるいは今現在帰属している組織に対するアプローチが実施したいことである場合,「自ら事業を起こす」ことは本来の目的を果たせないことになります。職業と賃金・対価については,私は全く別の価値観をもっていますので,コメントしません。それから,異論ではありませんが…「想像以上に研究にはカネがかかる。」の事例は,お笑いです。インタネットが普及したとはいえ,一般企業の平社員や一流とは言えない大学の学部生でも,その程度の自己負担,投資は普通でしょう。少なくとも理工系であれば。, 競争的研究費を外部から取れない時点で京大教授として失格ですね。そのような方は専任講師に降格して頂き、650万位の年俸で十分かと。日本の文系学部はこの手のまともに研究してるか良くわからない人たちが跋扈しているから、文系不要論が起こっているご自覚がないのもたちが悪いですね。当方海外の大学で講師をしてますが、日本の大学の文系の先生方の生産性の低さにはいつも驚かされます。, 今回のコラムは全然賛成できないですね。自分も学者だからかもしれないですけど。やりがいのある仕事をしているのだから文句を言わずに働け、というのだったらブラック企業と一緒じゃないですか。高い安いというのは何と比較するかによるのでしょうけど、この人「教授」ということは日本だったらそれ以上上のアカデミック・ランクはないということですよ(学長・学部長は普通は任期制のAdministrative ranks)。上まで上り詰めた人つかまえて、サラリーマン全体のサラリーと比較するのは理不尽ですよ。一般企業だったら部長級でしょ?それでいて、私企業と公立大学は比較するのが難しいから、この人は似たようなクレデンシャルが必要な裁判官とか私立大学教授の給料と比較しているわけでしょ。それで、なんで私立のほうが給料がいいかって言ったら単純にいってより多くの学生から高い授業料を取ってるからでしょ。それで、なんで公立は授業料を抑えているかと言ったら、お金はないけど優秀な人を育成するためでしょ。要するに、公立大学というのは他所ではありえない価値を生み出している場所なわけです。仕事の動機づけというのはいろいろとあると思いますけど、給料の多寡は確実にそのうちの一つです。公立大学の価値を認めていて、なおかつそういう場所に優秀な人がほしいのであれば、給料を出さなきゃだめですよ。ちなみに、自分の場合はアメリカですけど、給料は全額自分で取ってきた研究費から出てます。しんどいですけど、そんなもんだと諦めています。, 京大法学部の4年生が、研究者の道と、それ以外の弁護士や一般企業に就職するなどの道を選択する際に、所得の高低で判断してほしくないと思う。そう考えると、筆者の議論以前の問題として、京大教授=940万円は、どう見ても常識的に安すぎるだろう。, 若者に教育できるということは何者にも代え難い崇高な価値でやり甲斐。自分も大学教員だったが、給料の多寡を感じた事は無かった。何よりも若者と共に学問するのが喜びだったからだ。教育は金には代え難い喜びだった。研究費の獲得も教員なら一番の義務。獲得できないのは無能の証拠。大学はやめた方が学生のため、世の中のため。もし高給が欲しかったら、もっと別の職業を選ぶべきだろう。天下の京大でも一般社会と同様の比率で変わった人がいるということですね。, 残念な記事です。極端な理解かも知れませんが、給料に不満があるならば辞めて自分で事業を起こせを一般化すればまさに今の格差社会の基本構造を是認する事になりませんか?こう言った勝ち組の意識で今まで記事を書かれていたとすれば幻滅です。, 私が知るかぎりでは、名声で「いい教授」を呼べる大学は給料が安く、そうでない大学は給料が高い、という市場原理が働いてきたように思う。京大教授が薄給だとすれば、それは「京大なのに」ではなく「京大だから」なのだ。これが経済学の発想だ。法学のセンセイ方はこういう発想ができない。そういう法学部の出身者が幅を利かせる社会だから日本はダメなんじゃないのか。, 「給与=仕事の価値、人間の価値」でないことを伝えてほしい、とタイトルにありますが、それはあくまで筆者の個人的見解であって、世の中の共通認識ではないでしょう。仕事において何を重視するかは人それぞれでよいはずです。そもそも、件の教授も「給与=仕事の価値、人間の価値」とは語っていないはずです。他人の見解を曲解する点も含め、この記事の内容のほうが「残念」です。河合氏の記事は視野が狭いことが多いので普段は読まないのですが、今回はあまりにもタイトルからしてひどいので、このような形でマイナス評価をしました。, この教授の手法の乱暴さや、940万円が適正か否かや、国立大学の教授の価値などについては、話が無駄にややこしくなるので脇に置いておきますが、「好きでやってるんだから、こいつらにはほんの少しだけ賃金を与えておけば良い」的な論調には賛成しかねます。> 「給与=仕事の価値、人間の価値」でないことを伝えてほしい・・・という見出しからして、清貧が過度に美化されているように思います。「価値に満足すれば、はした金の賃金で我慢しろ」と。どうも人件費を抑えることばかり考えている経営者の文章を読んでいるようでした。, 国立大学の教授の給料が安いのは、今に始まったことではなく、ずっと昔からそうでした。従って、中年を過ぎて退職間近になる頃から、私立大学に移って給与と退職時期を延長するというのが一般的な大学教員の道筋だと思います。では何故、国立大学、中でも、東大や京大に優秀な教員が居るのかというと、環境が良いからです。環境には、研究施設や設備の他に、人的な問題が大きく関係します。国内で人的資源が圧倒的に豊富なのが、旧帝大系+αの大学で、この資源を活用して研究を一気に進めたいと考えている方がほとんどなのではないかと思います。記事に出てくる法学部の教授なのですが、結局、法学部での研究ということ自体に余り価値が無いのではないでしょうか?堀江さんが、「お金は他人の役に立った対価として支払われるものだから。」というのも、既に、実学の領域で、学問として価値は無いということなのではないでしょうか?, 自身の給与が高いか低いかは、当人が自分の価値をどう評価しているかによるように思います。この京大教授は「自身の価値は年収940万ぽっちではない」と考えておられるのだど思います。しかしながら、京大側はそれ以上の価値はないのだと判断されて現在の給与が決定されているだけの話しではないでしょうか?民間企業において企業間では大きな差がありますので、各企業の中で見れば一般論としては会社が判断した価値を元に給与が決定されていると思います。, この教授のお仲間が問題は別だと主張していますが,それなら給与の明細を公開する必要は全くありませんでした.件の教授がその問題に合わせて給与の不満を訴えようとして恥をかいただけのことです.文系の教員は一般にあまり教育をせずに自由にしているので,そのくらいの給与でも多いくらいです.理系とは全く違いますので,皆様混同されないように議論してください., アメリカの教授の話をしましょう。教授の一番の仕事は、ファンドで金を集めること。集められる人しか、教授で生き残れない。つまり、将来モノになればすごいが、なるかどうかわからないでは、金は来ない。金を出す会社に受ける研究でなければならない。そして、教授のその集めた金の中から、自分の給料を自分で決め、研究費も決め、そして研究員の給料を決める。ファンドが減れば、自分の給料を減らすか、ダメそうな研究をやめるか、だめそうな研究員を首にするかだ。つまり日本の国立大の教授には、本来の意味での人事権、部下の給料を決める権利もなければ、役職もパイがないと得られない。自分の給料も自分で決められない。財務の権利もないのだ。日本の教授とアメリカの教授はこれだけ権力が違う。京大だろうが、一教授よりも、文部省のある程度の役人のほうが偉いのだ。公務員的にはね。こんな日本の教授に、アメリカ人はなりたがらないだろう。しかし、研究費を取ろうとする競争は、アメリカのほうが厳しい。国の研究費は一度出したら、けっこう続けて出すが、アメリカの民間はだそうなら、一年で打ち切る。権力がある分、競争が激しいのだ。, そうですよ。今の日本の世界的な位置を考え、大学法学部の研究水準を考えれば、この給与も妥当かもしれません。他の分野も同様の給与水準でしょうが、中には不当に近いものもあるかもしれませんが、こういうことを若い日本人、特に、京大(や、たぶん東大)を目指す人たちに知らしめることは重要でしょう。より大事なことは、一般の大人、特に、メディアの人たちに、日本の位置づけを知ってもらうことでしょう(研究者や企業人も、多くは承知していると思われますので)。要するに、零落してしまった日本の地位にふさわしい給与だということです。自負があるのなら、私大と言わず、いずれ日本に凱旋するつもりで、海外大学に職を求めるべきではないでしょうか。敗戦後の日本の優秀な研究者は「流出」した人が少なくなかったと思います。なお、そういう状況が好ましいかどうかは別のことですので、念のため。, 収入が不安定な人間としては、この教授の発言と同じくらいに、河合さんの、社会的価値だの誰かに認められるだのといったことが金以上に価値があるとやたら強調する書き方も残念極まるものでありました。, やり方はともかく、労働者が自分の待遇について納得のいくように交渉するのは当然。教授は聖職?だから文句をいうなというのは、おかしな話だと思う。精神論を持ちだして、周囲を伺いながら黙っていることは、結局その職業の価値を下げているのでは?, 下記コメントに全く同感します。>>この記事自体、明らかにミスリーディング。高山教授の趣旨は「東日本大震災復興財源確保のために必要だとして60数万円の賃金を一方的にカットされたが、嘘だったから返してほしい」というもので、あくまで賃金カットの不当性を主張しているのであって、年収に対する不満を述べたものではない。仮に、その60数万が最初から差し引かれた年収が880万であっても、「一方的にカット」されていなければ、教授はこの訴訟を起こしていない。河合氏はそれを「ご自身の賃金を不服とし、裁判を起こすことについては私がとやかくいうことではない」と、まるで賃上げ闘争のような文脈にすりかえている。河合氏が意図的にそうしているというよりも、単なる理解不足か、或いは日頃から大学教授をそういう目(大した仕事をしている訳でも無いのに給料が高い!という物取り視点)で見ているのだろうなということが滲み出てしまった、大変残念な記事だと思う。(2016/04/12), 本筋から外れますが、流石!エリートビジネスマン読者が多いNBO!年収940万を「大した金額じゃない」というコメントが多い事。日本の格差社会の現状を見た気がします。少なくとも滅私奉公呼ばわりされる程は低くない金額だと思うのですがねえ。, 今回は今までの河合さんらしくない内容ですね。私立大学がいいなら私立大学に行けばいいなんて、まさかと思いました。非正規の方の収入が少なくて大変であることを普段よく書かれてますが、それなら非正規の人も大企業に転職すればいいだけですよね。今までの主張を全て否定するとは一体何があったんでしょう?, コメント中に指摘されているとおり、京大教授の元々の主張は「給料安すぎ!」という問題提起ではなく、嘘の理由で給料を削減されたことへの返還請求であり、議論の行きがかり上、給料額を開示したところ、安すぎだ、そうでもない、高すぎだ、という声が上がり、河合さんとしては、やや曲解して「京大教授が給料安すぎと言うが、そんなことはない」と今回書いておられるように思われる。京大教授の給料の妥当性については、当然色々な議論があろうが、公務員に近い存在の国立大学教授の給料を、今、財政破綻しかかっている日本で、増給する余地があるかというと、極めて困難であろうと思われる。, 少なくとも「お金は他人の役に立った対価として支払われるものだから。」ではない事は確かだ!!と思いませんか? よく冷静に周りを見渡してみてほしいものだ。, 国立大学の教授は「みなし公務員」という立場です。独立行政法人の国立大学が運営しているので、完全なる公務員とは違いますが、税金で賄われているのは変わらないので、その取扱いも公務員とあまり違いはありません。その教授は「京都大学の教授」というブランドに見合った給与がもらえないので、それに対して文句を言っているように思えます。だから、私立大学などにもいかないのでしょう。ブランドがなくなくっては、元も子もないので・・・。「みなし公務員」という立場が分からない人が、「教授」職に就いているといこと自体、驚きです。それとも、この財政赤字の国に「公務員の給与すべてをあげろ」と言いたいのですかね。そんな壮大な思想の持ち主だったら、こんな事、言わないか・・・。, この際、当該教授の給与が安か? 高いか? はたまた 妥当か? についてはあえて書きません。ただ「これだけ沢山の反響がある」という記事は素晴らしいのではないでしょうか?様々な人からの多様な意見が上がってくる記事「黙ってはいられない記事」ってある意味すごい!, 河合さんのコラムはいつもほぼ私と同じ感性で書かれていて深く賛同するのですが、今回ばかりはまったく賛成できません。京都大学大学院の正教授の年俸がたったの940万円では、それは安すぎでしょう。普通のサラリーマンの「平均」と比べるのは無茶です。彼らは同級生300人の中からほんの数名しかくぐれない狭き門を突破しているのですから、せめて年収上位の4.1%、本来であれば0.5%くらいであるべきではないですか?社会的地位と賃金がリンクするのは当たり前だし、法学部(文学部でも同じ)の教授の生み出す価値がホリエモン程度のオツムでも目に見えてわかる程度の「他人の役に立った対価」で決まるはずがないではないですか。同じ意味で、法学部や文学部の先生に産学連携だの企業や財団の助成金を取ってこいなんて、無理難題もいいところです。すぐに役立つ健康社会学と法学を一緒にしてはいけません。豆腐屋と学者が同じ「収入」であるべきなら、総理大臣も起業家も医者も皆同じように尊い仕事なんだから同じ収入にしますか。, 給与が安いという教授も、河合さんも、論点が違っているように思う。研究費が少なく、自腹を切らなくてはいけないから、今の給与では安い……ということだとするなら。たとえば、給与は500万だけど、研究費として1000万出すということなら、研究に支障はないのでは?自分の給与が重要なのか、研究するための環境が問題なのか、どっちを重視するかじゃないのかな?, 本件、給料の多寡よりも、一方的な減額措置について、必要な協議・説明に不足があり、そこを不満として訴訟という行動を起こしていると認識します。確かに、その方法は余り好ましくない表現方法で誤解を多々招くかもしれませんが、一応なりといえ、発言の影響力(拡散力)の大きい人間が、表面だけ浚って、馬鹿だの何だのとの罵声を軽々しく発言するべきでないとも思いました。今回は、個人的には、話題の選定からしても、「河合さんが、残念だなぁ」でした。・・・給料自体は、>>一般企業の30代と同じていどじゃないか>>確かに、一般(中小)企業の30代前半 高専卒の自分と同じくらいだ・・・, 修士しか取得していない公立大学教授が43歳時点で940万を少な過ぎという意見で筆者の反論する方々は、既に常識と論点を逸していると思う。更に、ホリエモンの批判に対し、上から目線で「自分は彼が捕まった時救おうとしたのよ」と言った与太話を引っ張り出して「そんなおバカなホリエモンを私は許すわ」と反論する人物が、給与以前に京大法学部教授という地位にいることを一市民として恥ずかしい。筆者のみならず、ホリエモンにすら賛同してしまう。, 教授という社会的地位と賃金を天秤にかけるのが残念とか、低賃金への不満を訴えるのではなく、生み出している社会的価値を訴えて欲しいなどと仰り、挙句の果てに「高賃金の私立教授が羨ましいなら、私立に移ればいい」とまで言っているけど、ずいぶん矛盾した主張に感じます。    「賃金ではなく社会的価値」というなら、尊い仕事をしている保育士の人たちにも、同じことを言ってやってください。    また、私立と国立の教授で社会的価値は違うのでしょうか?同じ価値を生み出す仕事をしているのであれば、同一水準の賃金であるべきです。 この同一労働同一賃金の観点が全く抜けている。(私立教授の方がはるかに高い価値を生んでいるから高賃金だというなら、別ですが)     また、海外の国立大学教授の賃金水準が、その国の一般サラリーマンと比較してどの程度の水準なのかという裏付けもない。    単に「学術の徒(それも公務員)が賃金のことでガタガタ言うなんて見苦しい」と言ってるだけですね。, 河合さんの意見に賛成。東大や京大卒業生が大学の教授を目指すということは、昔から、大学同期生と比べて収入面では少ない職業に就くが、好きな学問をして社会に貢献できる意義ある職業に就くのであると覚悟してなった筈である。その志を忘れたのであろうか。それよりも、日本の法学部、特に憲法学や刑法学の教授の質の低さを危惧する。社会の現実を見ずに、我が国でしか通用しない指導教授の論説、法解釈を敷衍しているだけの教授が多過ぎる。我が国の大学の世界ランキングが低い理由の一つはガラパゴス化した法学部のせいである。, 社会の矛盾に対する貴姉の叛骨的情熱の源が何処にあるのかを垣間見られた記事を拝読し喝采。大学教授は指導者・研究者の二面性を有しますが学生を預かる立場であれば指導者的姿勢を優先させなくてはなりません。国立大学で何を指導するかと問われれば法人化以前は人物育成に重点をおかれていましたが『効率化』を目指した法人化以後は殆ど職業訓練所となり企業要員育成に重点がおかれ殆どの学生も亦その『効能』を目的に就学しております。結果『どちらが得か』ばかりに興味を持つエグゼクティブが社会を運営する日本が出来上がりつつあります。仕方のない社会的傾斜であるとは思いつつ悲しい毎日を過ごしていますが時には今回の様な『男前』の記事に触れて同感する次第です。, お金よりも研究できるかを選んだ結果でしょうが、、、、940万は安いですよね。なぜ非難されるかわからない。官僚や一流企業で、もっともらっている人もいるでしょう。おそらく、ホリエモン(わざと呼び捨て)は、金を稼ぐものが偉いという拝金主義なのでしょう。アメリカ的ですね。アメリカの大学はアメリカ人の研究者が減少し、海外からの研究者輸入でまかなっている。その理由が、研究して教授になるよりも、それくらいの頭があったら、民間で起業して大儲けしたほうが良いからだ。アメリカ留学中に、観光に言った博物館で、アメリカの歴代ノーベル賞学者の業績や、その苦労話を展示したコーナーがあった。小生はそこで1時間見学した。ところが、アメリカ人は全く興味がないようで、素通りである。白人の小学生の子供の言葉が今でも記憶に残っている。親子で来たその少年は、ノーベル賞のメダルの展示を見て、ノーベル賞の賞金はいくら?と父親に聞いた。父親は、たいして賞金はもらえないと答えた。少年はなんだたいしたことがない。プロスポーツの選手や芸能人セレブになったほうがいい。ノーベル賞学者よりも、大金を稼ぐスポーツ選手、芸能人のほうが偉いといった。小生はびっくりして、アメリカの科学の発展はもうないなと思った。また、日本人は違うと思った。でも、日本人も頭の中がアメリカ人になってきて、ホリエモンのような日本人ばかりになったようだ。日本の科学技術ももうだめだな。, 余りの低さに愕然とした私は、おかしいんでしょうか?このコラムでは、妥当とのことですが、有り得ませんけど。一般企業の課長でもこれ以上貰ってますよ。会社の業績が良かった頃は、20代の地方の平社員でも年収1千万円越えましたし。学習は清貧であれですか?いやーアジアでも有数な大学教授が一戸建てを買うのも苦労する年収は有り得ません。, 訴訟の目的「一方的でかつ大義のなかった賃下げ」についてとりあげず、自分が記事を書きやすいように意図を捻じ曲げた記事と読みました。この記事自体が残念です。このテーマで書くのであれば、この賃下げについて実際にどうであったかを掘り下げるべきだと思うのですが、ブログから見えている部分だけを書き手の都合がよいように拾ってきています。マスコミの典型的な弊害を地でいく書き手の姿勢に不愉快を感じました。, 大筋ではまことにごもっとも、河合さんのおっしゃるとおり「残念な」ケースでありますね。ただ、話の本筋とは異なりますが、国際比較をすれば確かに日本の国立大学の教授の年収は非常に低い。たとえば香港には公立の大学が8校ありますが、正教授ならば今の為替レートで日本の倍程度は貰えます。シンガポールの国立3大学は香港より多少低いですが、それでも日本の国公立よりは遙かに良い。「日本の都市部の私大は給料が良い」のは事実ですが、持たされるクラスの数が日本やアジア富裕国の国公立大学の2倍以上、あれで研究する時間なんてあるのかしら。ここで言いたいのは、「これじゃあ海外の優秀な学者さんたちは日本には来ませんよ」ということ。日本の大企業も同じことです。あの程度の給料では、海外の競争力のある人材なんて来やしませんよ。時代は変わったのです。日本は没落しつつあるのです。, 学生を育てることは教員としての仕事。そして件の高山先生はそれしかしてないように見受けられる。例えば、工学部の教授や准教授などの中には学生を育てながら世の中に有用なデータや研究結果、理論などを次々に発表している人も多い。もちろん、実験や研究にかかる費用はソフトが10万円などというちんけな金額とは比較にならない。そのため、スポンサーを自ら見つけたり民間企業と共同研究したりしている。その教授たちも同程度の賃金であることを考えると、この高山先生の賃金はもっと少なくても良いのではないかと思えるほどである。国立大学の教授なら学生だけじゃなく広く国や国民にも恩恵を授けなさいと言いたい。, 今回は全面賛成。どの世界にも上を目指す人は政治家的にならざるを得ず、こつこつやる人は出世しない。出世しないとお金は少なく、お金と権力が欲しい人は政治家的行動で地位を得る。この教授も政治家になってしまい、学問を忘れてしまったのでしょうね。, 記事での言いたい所は分かるが、それでも「給与=仕事の価値、人間の価値」だと思う。下手に大学教授の給与を下げるようなことをすると、「看板のみで仕事をする」ような肩書きを換金するような人ばかりになりそうでそれが心配になる。, 「研究者に求められるのは、研究への真摯な姿勢であり、絶対に役に立つという覚悟であり、世間の厳しいまなざしに耐える忍耐力だ」と書かれていますが、海外から人材が集まらないし、シンガポールなどに人材が流出するので、国も危機感を持っているのではと思います。 「豆腐屋も、学者も同じような尊い仕事である」とは思います。実際、旧ソ連では、肉体労働者も知的労働者と同様尊重され、給与も同等もしくはやや高かったのですが、学問・科学を軽視したつけから、どうなったかは周知のとおりです。  「学生にカネを集めることの大切さを教えるのも必要なこと。優秀な研究者を育てたいのであれば、なおさら教えるべきことだ」とのことですが、科学研究費の確保の難しさは常識ですし、すでに大学では、金をもらってきて大学の名前をあげることができる教員は、評価されています。とくに私立大学の多くで、地道な研究をしているより、タレント並みにテレビに出て、適当なことをいってでも、大学名を売って受験生を増やしてくれればいいのです。 京大教授が京大の先生がこんな給与といったので、下層の方からねたまれることがあったかもしれませんが、同情を集めたということは、まだ救いを感じられました。, 本論から逸れますが、公務員の給料というのは、調べれば分かるようになっているんじゃないでしょうか? (国立大学の先生が厳密に公務員に当たるかどうかは知りませんが、給与の大部分が税金からきているという意味で、ゆるく「公務員」と言わせて下さい。) なっていなかったら、そうあるべきだと思いますし、どういう人がどのような給料をもらうのが妥当かという検討は、公の場で行うべきだと思います .



ミュージカル俳優 出待ち 謝罪 8, ファイアーエムブレム 覚醒 カタリナ 4, 雛形あきこ シンガポール 石鹸 8, グラボ ビープ音 3回 4, 不動産 掛け持ち 断り方 28, 徹 甲 榴弾 ヘビィ アイテムポーチ 4, また不明な点が ありま した 際は 連絡 質問 させ ていただ�%8 39, おじゃる丸 動画 21シリーズ 10, サン プラザ八尾南 閉店 17, 東京 電車 混雑 時間帯 夕方 21, 新人公演主演 なし トップ 5, スマブラ 参戦 効果音 15, 中学生 心臓が痛い 何科 14, ロシア 缶詰 臭い 5, 愛にできることはまだあるかい Pv 新幹線 4, コネクト Claris Mp3 24, ハイアンドロー ファイナルミッション 動画 フル 22, Hguc Zガンダム 比較 12, 誤解 お詫び メール 9, Mac プロパレット リフィル 11, ゴッドタン 動画 6月22日 10,