パリオペラ座のエトワール、マチアス・エイマン。 2009年のエトワール就任から何年も経ちますが、筆者がその踊りをちゃんと観たのは2017年3月映画館でオペラ座の『バレエ・リュス』公演が記念上映されたときのことでした。 一部有料の広告がございますが、本サイトへの掲載は基本無料となっております。 オペラ座で年に一度開催されるコール・ド・バレエの昇級コンクール。2018年11月9日(男性)と10日(女性)の2日にわたって行われた結果、10名が2019年1月1日から新しい階級へと上がった。ピラミッドの下から昇級者を写真とともに紹介して行こう。男性カドリーユ&rarr… 掲載されている情報に関して、事実と異なる情報、誤解を招く表記などがございましたら、早急にご連絡をお願いいたします。 6 オペラ座 見学コース・見どころ. そしてオペラ座といえば厳格な階級制度である。上位からエトワール(フランス語で「星」の意味)、プルミエール・ダンスール(男性)/プルミエール・ダンスーズ(女性)、スジェ、コリフェ、カドリーユと5段階に分かれる。 と『ラ・シルフィード』にリュドミラを配役した。, 「今回はジョジュア・オファルトと踊りますが、3年前のオペラ座の公演ではフロリアン・マニョネとヴァンサン・シャイエがパートナーでした。この作品ではつねに体を前傾させておく必要があるし、ラコットさんの振付を踊るのは難しいのでとても大変。非現実的な存在なのだから、動きの中に軽さを感じさせるように踊る必要もありますね。でも、陽気ないたずらっ子のようなシルフィードを演じるというのは、とても楽しいことでした。その人物像についてはギレーヌ・テスマーとたくさんの仕事をしました。彼女が踊ったDVDは、もちろん見ています。ポジションや首の美しさなど、まるでロマンティク時代の版画から抜け出してきたかのようで素晴らしい!」, 『パキータ』、『セレブレーション』も踊っている彼女は、ラコット作品のいわば常連。ダンサーに愛情を注ぎ、情熱いっぱいにリハーサルに臨む彼と、ツアーに向けて再び仕事を共にできるのが楽しみだそうだ。, 来日ツアーでは、マチアス・エイマンと『アザー・ダンス』も踊る。今春にオペラ座で踊ったのが初めてで、その後地方公演でも彼と舞台を共にした。, 「その時にすでに感じられたのだけど、この作品は”二人の物語”なんですね。特にストーリーがあるわけではないけれど、音楽にインスパイアーされたダンスを踊るのは、とても楽しいですよ。また踊れるかと思うと、とても待ち遠しい。これはダンス・スタジオでピアノが奏でる音楽にのせて、二人でデモンストレーションをしている、という感じの作品。 だから、とてもナチュラルに踊る必要があります。その点、マチアスは気の合うパートナーなので…。オペラ座ではあまり一緒に踊る機会がないけれど、外部のガラでは組むことが多いですね」, 11月半ばには故郷アルゼンチンで、ナタリア・マカロワの『ラ・バヤデール』を古巣のコロン劇場のダンサーたちと踊る。その後はオペラ・バスチーユで『白鳥の湖』、そして来日ツアーだ。エトワールに就任以来、今回が初来日となるリュドミラ。2作品でソリストとして舞台にたつことによって、ようやく日本の観客と対面できる! 本サイトの情報の無断転載は禁じます。, 来春の来日が待ち遠しいパリ・オペラ座バレエ団。オレリー・デュポン監督につづいて、輝けるエトワールたちのインタビューをお届けします。第1弾はアーティスティックな魅力が人気のベテラン、エルヴェ・モロー。前回のパリ・オペラ座バレエ団公演、世界バレエフェスティバルで会場を感動に包んだオレリーとの名パートナーシップが、日本公演『ダフニスとクロエ』で蘇ります!, 夏前に足を怪我し、休んでいたエルヴェ。10月22日から始まるバランシンの「ブラームス/ショーンベルグ・カルテット」にてオペラ座で舞台復帰する。その後の具体的な作品は今のところは未定だが、もうじき年末公演のためのキリアンのオーディションがあるとか。そして年があけたら、来日ツアーのための稽古が始まる。, 自分に創作された『ダフニスとクロエ』を再び踊れる機会が日本で得られることを、彼はとても喜んでいる。学校時代にスキヴィンの振付でこの作品を踊っているのが、ミルピエとの創作時にとても役にたったそうだ。, 「このラヴェルの曲は聞いてる分にはとてもきれいでいいのだけど、踊るとなるとカウントが難しくて大変なんですよ。バンジャマンとはこれが初めての仕事だったけれど、彼の動きは僕にとてもフィットするものなんです。アイディアに溢れている彼なので、創作はとてもスピーディに進みました。彼って、振付がより滑らかになるようにと、ダンサーにもけっこう自由をくれるんです。例えば、ポルテの時に最高のポジションのために手の位置を変えていいとか…。気の合うオレリーと一緒だったこともあり、この作品の創作にはとても良い思い出があります 」, オレリーと初めて組んだのは、彼のコール・ド・バレエ時代に遡る。『シルヴィア』で主役の彼女と第二幕の舞踏会シーンで踊る予定のダンサーが怪我をしたので、エルヴェが代役で踊る事に。その次は『チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ』にて。これも代役だった彼が急遽3日で彼女と稽古をして、舞台を共にすることになったというから縁のある二人だったのかもしれない。今や彼女は彼にとってこれ以上ない最高のパートナー。動きの感覚、音楽性など共通する事が多く、二人で溶け合って踊れる関係だという。日本でも、その彼女と舞台を共にする。, 「バレエ・リュスの『ダフニスとクロエ』は物語を追ったバレエだけど、バンジャマンのものは抽象的です。今の時代にこうしたコンテンポラリーなビジョンは悪くないですね 。もっとも物語の鍵は生かされていて、例えば二人の愛のパ・ド・ドゥや、邪悪な ドルコンの登場、リュセイオンの誘惑、海賊によるクロエの誘拐など物語を知っている人はちゃんと辿ってゆけますよ 」, 42歳が定年のオペラ座で、彼は5か月前の2018年5月にアデュー公演を行うことを決めたという。彼とオレリーに創作されたサシャ・ヴァルツの『ロミオとジュリエット』を演目に選び、そのパートナーはもちろんオレリーだ。前回の来日ツアーでの『椿姫』では、特別な時間を彼女と過ごせたというエルヴェ。今回の『ダフニスとクロエ』も、彼のダンサーとしてのキャリアにおける素晴らしい思い出の1つとなるに違いない。バレエ・ファンなら、その瞬間に居合わせられる幸運は逃したくない。, 第2弾は息をのむ卓越したテクニックの持ち主、マチアス・エイマン。ダンサー人生の節目にピエール・ラコット作品があったというマチアスの『ラ・シルフィード』や、伝説のスター、バリシニコフと結びついた『テーマとヴァリエーション』『アザー・ダンス』は見逃せません。, パリ・オペラ座内、マチアスとのインタビューの場にフランスの雑誌が置いてあった。その表紙には、「オレリー・デュポン 大胆と優雅」とうたってある。「これは、とても良い見出しです。彼女は進行中のディレクションを途中で引き継ぐような形で、芸術監督のポストにつきました。これって簡単な役ではないですよね。とりわけ経験のない彼女には。でも、今のところカンパニーを上手く導いているし、彼女の美しさは例外的なもの。とても的確な表現といっていいですね」, その”大胆で優雅”なオレリーからは”世界のベストダンサーの1人””素晴らしいテクニックの持ち主”と評価されているマチアス。久々に『ラ・シルフィード』を踊れること、とりわけピエール・ラコットと仕事できることを喜んでいる。. [wysija_form id=”1″], お待たせいたしました、皆さま大注目のユースアメリカグランプリ YAGP2018NYファイナル、日本人出場者の結果は先にお届けしてい…, 先ほど表彰式が終了した第48回ローザンヌ国際バレエコンクール2020、日本人ではジュニア男子の201 松岡海人さん(愛媛バレエアカ…, これまで南米やヨーロッパで開催されていたローザンヌ国際バレエコンクールの予選が今年、日本でも開催されることが発表されました。開…, Ballet Search(以下本サイト)の運営はPremier Worksが行っております。 パリオペラ座 団員 ... 2002年 春公開の映画『エトワール』に出演 ... 東京都武蔵野市御殿山1-6-11 k2ビル1. と残念がるジョシュアだ。, 当サイトでは利便性向上や閲覧の追跡のためにGoogle・他提携サービスによりCookieが使用されています。サイトの閲覧を続けた場合Cookieの使用に同意したことになります。, 【速報】ローザンヌ国際バレエコンクールPreselections in Japan2020. 」と。バレエファンとしては、この瞬間を見逃すわけにはいかないだろう。, 彼が踊るもう1つの作品は、今年彼のレパートリーに加わった『アザー・ダンス』だ。仕事以外でも、人間的に快適な関係で結ばれているというリュドミラ・パリエロがパートナー。エネルギーのレヴェルも仕事への接し方もそっくりな彼女と組むと、自分自身と踊っているような感じがすると語るマチアス。「リュドミラだけでなく、ショパンを奏でるピアニストと、僕たち3名の密接な関係が大切な作品です。踊る回数が増すほど、相手のことをより知ることができて、喜びや心の高揚が得られるんですよ」, 3年前の来日ツアーで『ドン・キホーテ』のキトリを踊るはずだったリュドミラ。パリ・オペラ座の『オネーギン』のリハーサル中に怪我をし、来日が叶わなかった。その前にツアーに参加したのはかなり前で、まだコール・ド・バレエ時代だった。それゆえ日本のバレエ・ファンには馴染みの薄いエトワールかもしれないが、オペラ座の新シーズン開幕公演ではフォーサイスの『ブレイク・ワークス1』、そしてクリスタル・パイトの創作『シーズンズ・カノン』の2作品を踊り、大活躍を見せた。, 「私はパイトの仕事がとても好きで、10年くらい前から 機会があれば公演を観に行くようにしていて…そう、彼女の追っかけなの(笑)。個人的に話をしたことはなかったけれど、今回の創作を通じて、彼女の人間的そして芸術的素晴らしさに触れることができました。グループのエネルギーが鍵を握るこの作品、彼女は54名ものダンサーを見事にまとめあげたんです。とてもフェミニンでソフトな女性だけど、仕事となると男性的なエネルギーに満ち溢れて…」, 現存のコレグラファーたちとの仕事を楽しむリュドミラだが、クラシック作品においても優れたダンサーである。芸術監督のオレリー・デュポンも彼女の的確なダンス、脚の仕事の見事さを評価。フランス派の教育を受けていないのに、とてもフランス的に踊る! 3月に来日公演を行うパリ・オペラ座バレエ団。 NBS公益財団法人日本舞台芸術振興会サイト では来日予定のエトワールたちのインタビューが掲載されています。, どこよりも早いコンクール結果速報や国内外のバレエ団公演、コンクール・ワークショップ開催情報等を配信するバレエサーチ最新情報をご希望の方はFBページにいいね、またはTwitterにフォローをしてください。もちろんメルマガへの登録(下のBOXにメアドを入力して登録ボタンをクリック)でもオッケーです。 掲載されております情報は常時変動がございますので、実際とは異なる場合もございますのでご注意ください。 オペラ座で年に一度開催されるコール・ド・バレエの昇級コンクール。2018年11月9日(男性)と10日(女性)の2日にわたって行われた結果、10名が2019年1月1日から新しい階級へと上がった。ピラミッドの下から昇級者を写真とともに紹介して行こう。, 2016年に入団したレオ。課題曲で不安定さが気になった前回のコンクールと打って変わり、今回は12名の参加カドリーユの中でひときわ精彩を放っていた。コリフェの2空席を1位で射止めたのももっともである。今回彼が選んだ自由曲はテクニック的に難しいと評判の『ラ・シルフォード』のバリエーション。つま先までエレガンスを感じさせるパフォーマンスだった。仕事熱心なダンサーに違いない。彼のように長身・細身でクラシック作品に秀でた若手は少ないので、これからどう配役されてゆくのかが興味深い。12月は『椿姫』のコール・ド・バレエだったが、コリフェに上がった今年のステージ上での活躍に期待しよう。, レオ・ドゥ・ビュスロル。ヌーヴェル・ヴァーグのモノクロ映画に少年役で登場しそうな雰囲気。photo:Julien Benhamou/ Opéra national de Paris, コンクールの自由曲に選んだのは『ラ・シルフィード』のジェームスのバリエーション。いつか彼がこの役を踊る日が来るのを祈ろう。photo:Sébatien Mathé/ Opéra national de Paris, 彼も2016年の入団だが、学校公演でもすでに優秀な踊り手であることを証明した彼は、入団以来とりわけ配役に恵まれているダンサーといっていいだろう。2017年12月にはエクマンの『Play』で、先輩でプルミエ・ダンスールのフランソワ・アリュとデュオで舞台を共にしたほどだ。かつてのジェレミー・べランガールを彷彿させる猫科系の強さとしなやかさの持ち主。すでにオペラ座のコンテンポラリー作品には不可欠な存在となり、今シーズンの開幕作品であるオハッド・ナハリンの『デカダンス』でも活きのいいダンスを見せていた。もっともコンクールでは自由曲にマニュエル・ルグリ振付けの『ドニゼッティ・パ・ド・ドゥ』を選び、ピュアなクラシックにおいても十分なテクニックの持ち主であると審査員を納得させた。今年は2月に公演のあるポンタス・リドバーグの『結婚』の創作に参加。イタリアのパレルモ出身の彼は“オペラ座のイタリア人ダンサーたち”というグループの一員として、ガラ公演も多く行っている。同世代のダンサーに比べて舞台経験が豊富というのも彼の強みだ。, アンドレア・サーリ。photo:Julien Benhamou/Opéra national de Paris, しっかりとしたテクニックを見せたコンクールより。photo:Sébastien Mathé/ Opéra national de Paris, 前回のコンクールでコリフェに上がり、今回はスジェに。2014年に入団というから、同期にはたとえば、前回のコンクールでプルミエ・ダンスールに上がったポール・マルクがいる。アクセルは ピナ・バウシュの『春の祭典』、クリスタル・パイトの『Seasons’Canon』といった作品で大勢の中のひとりだったのだが、最近は『リーズの結婚』でアラン役に配役され、ナイーヴすぎて超ぶきっちょで滑稽な若者役を好演。今シーズンに入ってからはジェローム・ロビンスの『ファンシー・フリー』では3名の水兵のひとりとしてコミカルな役にも挑戦し、さらに昨年末の『椿姫』ではガストン・リリユウ役を得ている。これはかつて、ジョジュア・オファルトやカール・パケットといったエトワールが踊っていた役だ。彼の世代のダンサーたちはクラシック作品を踊る機会にあまり恵まれていないので、ポルテは誰もが苦心している様子。経験を積めば優れたパートナーになれる可能性を秘めている彼は、この調子で次回はプルミエに上がってゆくのだろうか……と外野としては興味津々である。もっとも前回のコンクールでスジェに上がったフランチェスコ・ミュラとパブロ・レガザ、さらに経験豊かな先輩たちもいて、スジェのクラスはとても層が厚い。空席数にもよるが、来年のこのクラスのコンクールは熱い戦いとなることだろう。, アクセル・マリアーノ photo:Julien Benhamou/ Opéra national de Paris, 『白鳥の湖』よりプリンスのスロー・バリエーションをコンクールの自由曲に選んだ。photo Sébastien Mathé/ Opéra national de Paris, 2013年に入団し、2015年にコリフェに上がったアントワーヌ。オペラ座では『リーズの結婚』のアラン役、『真夏の夜の夢』のパック役などすでに観客にその名を記憶させる見応えのある仕事をしている。今季の開幕公演の『デカダンス』では、華奢な体のどこに貯めていたのかと驚かせるほどのエネルギーを見せたかと思えば、翌月のコンクールではロビンスの『Dances at the Gathering 』のブラウン・ボーイを情緒を込めて踊って、と幅の広いアーティストぶりを発揮。彼の次回のステージは2月の『ゲッケ/リンドベルグ/シェルカウイ』。リンドベルグの『婚礼』の配役に彼の名前が見られる。, アントワーヌ・キルシェール。昨夏、京都バレエ団特別公演にゲスト出演し、『パキータ』の第二幕のパ・ド・トロワを踊った。photo:Julien Benhamou/ Opéra national de Paris, コンクールより。photo:Sébastien Mathé/ Opéra national de Paris, 2004年に入団したマルク。NHKで放映された『スーパーバレエ・レッスン』でルグリに選ばれたダンサーのひとりだったので、この時代から日本でもおなじみである。2011年からスジェで、今日に至るまでドゥミ・ソリスト、ソリストに配役された作品は数知れず。クラシック作品もコンテンポラリー作品もこなす彼。バンジャマン・ミルピエにとても気に入られていて、オペラ座における彼の作品にはすべて出演した。前回のオペラ座来日公演の『ダフニスとクロエ』でもダフニス役とドルコン役だったので、覚えている人も多いだろう。年末の『椿姫』ではデ・グリユゥに配役され、劇中劇に現れる表現を誇張したデ・グリユゥと主人公マルグリットのヴィジョンに登場するマノンに翻弄されるデ・グリユゥを見事に演じ分けていた。2月はガルニエ宮でシェルカウイの『Faun』に配役されている。デ・グリユゥから一転し、ジュリエット・イレールを相手に獣のように踊る姿が楽しみだ。そして早くも発表された4月の『レオン、ライトフット/ファン・マーネン』ではレパートリー入りするソル・レオンとポール・ライトフットの『Slieght of Hand』を踊るようで、オペラ座のコンテンポラリー作品に彼は不可欠なダンサーなのだ。, マルク・モロー photo:Julien Benhamou/ Opéra national de Paris, 2月に公演のある「ゲッケ/リドベルグ/シェルカウイ』で踊るシェルカウイの『Faun』より。photo:Julien Benhamou/ photo Opéra national de Paris, 同公演では、ゲッケの新作『Dogs Sleep』の創作にも参加。リハーサルで振り付け家(右)を刺激している! photo:Ann Ray/ Opéra national de Paris, madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。, 2014年3月31日以前更新記事内の掲載商品価格は、消費税5%時の税込価格、2019年9月30日以前更新記事内の掲載商品価格は、消費税8%時の税込価格、2019年10月以降更新記事内の掲載商品価格は、原則的に標準税率10%もしくは軽減税率8%の税込価格です。. COPYRIGHT SOCIETE DU FIGARO COPYRIGHT CCC Media House Co.,Ltd. 「彼はぼくのことをいつも保護者的視線で見守ってくれています。僕がプルミエ・ダンスールに上がったのは、彼の『パキータ』のおかげ、そして長期間休んでいた後の復帰作品がこの『ラ・シルフィード』でした。ダンサーのキャリアにおいて、彼がつねに僕に寄り添っていてくれるという感じがありますね。この作品では現存の振付家と直接リハーサルできることも、うれしいこと。ピエールが彼の意図を語りながら、僕たちダンサーを導いてくれるんです。これは特権です!

マジェスティ125 キャブ エンジン かからない 7, ドッカンバトル 極限zバトル 攻略 26, 酒粕パック 効果 シミ 5, 夏 外遊び 保育園 7, 恋 音 と雨空 失恋 4, 生田絵梨花 ミュージカル Fns 6, ヘーベルハウス 中古 神戸 7, ウイイレ アプリ Jリーグ おすすめ 選手 9, 地縛少年花子くん ネタバレ 61 11, 黒石高大 有吉反省会 動画 16, Radio Time Predator Zip 12, ハリスホーク 飼育 小屋 30, 宝塚 リーゼント 作り方 5, ゼクシィ縁結び プロフィール 項目 8, 犬小屋 Diy キット 4, リーガル ハイ 犬神 6, ライオンヘアー 北千住 予約 12, 星 ドラ 最強 爪 4, ゴゴスマ 視聴率 最新 38, はらぺこあおむし 歌 楽譜 46, 鈴木 梨央 公式 32, トレラン 太もも 筋肉痛 4, 乃木 どこ 推しどこ 動画 38, 東出昌大 文春 続報 4, 堀 北 真希 山本耕史 手紙 6, デスノート 読切 Zip 18,